ローランドQUAD-CAPTUREがMac OS X 10.9に完全対応した




オーディオ・インターフェースRoland USB Audio Interface QUAD-CAPTURE UA-55を使っている方は結構いると思いますが、ついにMacOS X 10.9に完全対応しましたね。

っていうか、2013年11月の時点で対応していたらしいです。

これはぼくが今日、ローランドに直接電話して確認したことなので信頼できる情報です。

 

QUAD-CAPTUREの最新ドライバーのバージョンはVer.1.5.2 ( OS X Mavericks (10.9) 用のみ )です。

現在もローランドのWebサイトにはMacOS10.9には一応対応しているが、たまに録音時と再生時の不具合等について下記のような注意書きがあります。しかし、電話対応のお姉さんは大丈夫とコメントしていました。

【 OS X Mavericks (10.9) でのご注意】
※ Finder からの音楽ファイルの再生中にスリープ状態に入ると、復帰したときに Finder が反応しなくなることがあります。次の手段で、復帰することができます。
command + option + esc の 3 つのキーを同時に押します。
Finder を選択して、[ 再度開く ] ボタンをクリックします。
確認画面で [ 再度開く ] ボタンをクリックします。
※ DAW などのオーディオ・アプリケーションを使用中にスリープ状態に入ると、復帰したときに録音再生ができなくなることがあります。その場合は、オーディオ・アプリケーションを起動しなおしてください。

これらの症状について、現在、弊社およびアップル社にて調査中です。

※ 一部の Mac において、録音・再生が正常に動作しない不具合を確認しています。

この症状について現在、原因を調査中です。新しい情報がわかり次第、こちらのページでお知らせいたします。
下記の Mac をお使いの方は、OS X Mavericks (10.9) へのアップデートを行わないことをお勧めいたします。
iMac: Late 2009 モデル
Mac Book: Late 2009 モデル
Mac Book Pro: Mid 2009 モデル, Mid 2010 モデル
Mac mini: Mid 2010 モデル

幸いなことにぼくのMacは2012年式なので大丈夫そうですが、上記Macをお使いの方で10.9へのアップグレードをご検討の方はローランドのサポートにダメ押しの確認をされた方が安心かもしれませんね。

 



2 件のコメント

  • Mac Book Late 2009でも今のところ問題なく使えてます!

  • コメントありがとうございます。ローランドはMacへの対応もしっかりしていて安心ですね。なにより、日本のメーカーなので電話問い合わせができるのがうれしいです。

  • ABOUTこの記事をかいた人

    sim

    動物写真家、ブロガーとして活動中。 属性は他に、博士(農学)、DTMer,ツーリングライダー歴30年。 【問い合わせ】Twitterアカウント宛にDM 願います。 【注意】野鳥の撮影場所についてのご質問はご遠慮願います。