思わずイラストが書きたくなる「みんなのイラスト教室」

sim(@ssiR01)です。

Youtubeのホリエモンチャンネル「イラストレーター編」で人気イラストレーターの中村佑介さんに影響を受けてしまいました。

 

面白すぎるぞ!ホリエモンチャンネル「イラストレーター編」

売れるまで、風呂無しの家賃2万円のアパートで、一日の食費80円、カレーパンで生活していたという売れっ子イラストレーターの中村氏に妙に共感というか興味を持ってしまいファンになってしまいました。中村氏の描くイラストもカッコイイのです!

 

超わかりやすくて、ためになる「みんなのイラスト教室」

このYouTube動画の影響をもろにうけて、僕もイラストを描いてみたくなってしまい、中村氏のイラスト説明本を買って愛読しているというわけです。

この本がメチャメチャ分かりやすくて、しかも勉強になるのでイラストに興味のある方にはオススメです。

この本、生徒さんが描いたイラストを素材に、構成や色使いを変えるだけでメッセッジー性を強くして素晴らしい出来栄えに変化させていくところが圧巻です。さすがプロのイラストレーターといった感じですね。

ただし、この本、絵に関する理論にはほとんど触れていません。絵を描くことに興味を持った人はさらに勉強する必要がありそうです。

しかし、イラストの世界に興味をもつ最初の入門書としては非常に適していると思います。

 

イラストを描いてみたくなった

もともと、子供のころ絵を書くのは好きで、美術の授業あった中学生くらいまでは絵を書く時間が楽しみでしたね。僕はガリ勉タイプでしたので、高校に進学すると同時に絵を描く機会はなくなってしまいましたが…

その後二十数年の月日が経ち、偶然ボカロ文化に触れた影響で半年間くらい憑かれたように絵を描きまくっていた時期もありましたが、また描かなくなってしまって現在に至ります。

ちなみにボカロ文化を知るキッカケとなった本がこちら。この本を読んでいなければ、会社を辞めることもなかったでしょう。

ボカロ文化は、音楽制作、イラスト、動画制作、ストーリー性といったものが必要な総合芸術の世界なので、ハマると必然的にイラストにも興味をもたざるを得なくなるのです。その辺りが、僕がイラストにこだわる理由の一つでもあります。

さいごに

退職したのでこれから一日の自由時間がどっと増えるわけですが、そのうちの数時間はイラストに使おうと思っています。それくらい中村氏の本には大きな影響を受けてしまいました。

せっかく会社を辞めるので今までできなかったことにチャレンジしてみたいのと、その1つがイラストになりそうですというお話でした。

ABOUTこの記事をかいた人

sim(清水了)

動物写真家、ブロガーとして活動中。
諸々の閉塞感を打破するために、20年以上勤めた会社を40代半ばで辞めてフリーになる。
属性は他に、博士(農学:専門は微生物)、DTMer,ツーリングライダー歴30年。