UR賃貸住宅の入居手続きのまとめ(札幌の場合)

sim(@ssiR01)です。

UR賃貸住宅の入居手続きの流れです。URの対応は親切ですけど、手続きは役所的で段取りがいくつかあってわかりにくかったのでまとめました。

以下、入居までの流れです。

空室確認と部屋の設備確認

電話・ネット等でお目当てのUR賃貸住宅の空室状況を確認します。時期にもよりますが、意外と空きが少ないです。希望の部屋をゲットするには時間をかけて気長に探し続けた方がいいです。

空室確認の方法は、都市によって方法や対応はちがうのでご注意を。下は僕が実際に問い合わせた札幌市と福岡市のUR賃貸住宅の事例です。

札幌のUR

空室確認は電話でしかできません。

各住宅の管理事務所に直接電話して確認しました。その代わり、電話問い合わせのみで、部屋の設備の詳細についてはある程度教えてもらえます。

例えば、暖房設備の種類や洗濯機置場などですね。部屋の写真がネットで確認できる住宅もありますが、実物とは印象がかなり異なりますので、実際に内覧して自分の目で確認することをオススメします。

福岡のUR

ネットで空室確認ができます。

そのかわり電話では部屋の詳細情報(例えば冷房設備の有無)については教えてもらうことができません。

その理由は福岡の場合は、一つの管理事務所で複数のUR住宅を管理しているから詳細まで把握できていないからです。僕が冷房設備や洗濯機置場について電話で確認したときには内覧して直接確認してほしいと言われました。

部屋の内覧予約

お目当ての部屋の空室が確認できたら、つぎに内覧日を電話予約します。

電話での内覧予約は一週間有効です。他の方が内覧予約している間は、その部屋は空室であっても内覧の申し込みができませんので、希望の部屋に入るためにはタイミングがとても重要です。僕は一歩違いで、第一希望の1LDKの部屋を逃してしまいました。

内覧は一度に複数の部屋を見て回ることが可能ですので、それを比較することをオススメします。その理由は2つあります。

  1. 部屋の設備が微妙にちがう(改装のタイミングで部屋の内装や設備:例えばキッチンなどが部屋によってちがう)
  2. 最寄り駅までの距離がちがう(URの団地は敷地が広いので直線距離で500mくらい違う場合がある)

これらは実際に住みはじめると、快適さにかなり影響しますので内覧のときにしっかり比較することをオススメしますよ。

入居申し込み

入居申し込みは、仮契約のようなものです。事実上、この段階で部屋を抑えたことになり、このあとの「契約手続き」は形式的な事務手続きに過ぎません。

そのため、預金残高を入居条件にする人は残高証明などの書類がこの段階で必要になりますので、ご注意を。

その他必要書類も内覧前に電話確認しておいて下さい

一応、内覧予約してから入居申し込みまで1週間の猶予があります。内覧して部屋が気に入れば、その場で申し込みができます。申し込みにはかかる時間は10〜20分です。僕は遠方から内覧に来ていましたので、内覧後、家族に電話相談してその場で申し込みました。

入居申し込みに必要な書類を以下にまとめておきます。

  1. 印鑑
  2. 住民票:住民票で、注意が必要なのは「申し込み本人および同居親族全員のもので、続柄が記載されたものが必要」です。役所にそのまま住民票を請求すると、「続柄」が記載されません。請求するときに役所の方に確認する必要があります。僕の町では請求用紙に続柄にチェックをいれる欄がありました。
  3. 本人を確認できるもの:運転免許書、パスポートなど
  4. 家賃の100倍の預貯金残高証明書:これは無職の人が預貯金残高で入居する場合に必要です。なお、発行後7日以内のものが必要です。URの管理事務所のお姉さんの話では、記帳された通帳でもイイそうです。家賃を年一括払い(一時払い)する方はこの書類は必要ありません

契約書類一式が届いたら

厚い封書が届きますが、それほど難易度は高くありません。不明な点があれば、URの住まいセンターに電話すれば、懇切丁寧に教えてくれます。

敷金・家賃の自動引き落としなどの銀行手続き

実はコレが一番時間がかかります。30分間くらいでしょうか。窓口にUR指定の用紙と通帳・印鑑を持っていけば、全部やってくれるので作業自体の難易度は低いです。

URの賃貸契約

URの住まいセンターで行います。所要時間は10分間から30分間くらい。契約に必要なものは以下のとおりです。

  1. 各種契約書類
  2. 身分証明証(免許書、パスポートなど)
  3. 印鑑?(今回は印鑑は使わなかったです)

作業自体は契約書類の確認、本人確認、各種説明と非常に単純です。

他、疑問点は質問すればだいたい回答をもらえます。僕は設備についていくつか質問しました。

  • 網戸がついてないのでどうしたらいいか?
  • 洗面所に鏡がついていないので、皆さんどうされているのか?

など、ですね。

網戸については、URの管理事務所で安く入れてくれる業者を紹介してくれるそうです。洗面所の鏡については管理事務所で質問してほしいとのことでした。

これらは改造申請が必要らしいです。改造申請が必要なものは他に洗浄機付きトイレの取り付けも含まれるらしいですよ。

部屋の鍵の受け取り

鍵は入居する団地の管理事務所で受け取ります。この時、諸々の説明を受けるため30分間くらいの時間をみておいてほしいと言われました。僕は遠方からの移住でしたので、引っ越し当日の朝に鍵の受け取りをしました。

まとめ

手続き自体はさほど複雑ではありませんが、一番問題なのが空室があまりないので時間をかけてじっくりと探す必要な点ですね。

UR札幌事務所の対応は親切で好印象でしたよ。

では

ABOUTこの記事をかいた人

sim(清水了)

動物写真家、ブロガーとして活動中。
属性は他に、博士(農学)、DTMer,ツーリングライダー歴30年。
【問い合わせ】Twitterアカウント宛にDM
願います。
【注意】野鳥の撮影場所についてのご質問はご遠慮願います。