2台目のゼファー1100ファイナルモデルを買った時の話:衝動買いと反省

sim(@ssiR01)です。

故障の多いDUCATIに嫌気がさして、次のバイクを物色し始めた頃、ゼファーのファイナルモデルが発表されていることを知りました。

そして、まさかの衝動買い…

ゼファー1100ファイナルモデル

ゼファー1100を衝動買い

悩んだのは1週間くらい

ゼファー1100なら以前に乗ったことがあるので、このバイクの性格は十二分に把握していましたからね。

ゼファー1100の長所を思い出す

ゼファー1100ファイナルモデルが欲しくなって、まず頭に思い浮かんできたのは、ゼファー1100の長所です。

  • のんびりツーリングにも向いていて、
  • 荷物の積載もいいし、
  • タイヤもバイアスタイヤで長持ちして安いので維持費もスポーツバイクよりかからない

などなど…

ゼファー1100の短所を忘れていた

その時は、ゼファー1100のネガな部分は吹き飛んでいましたね(笑)

  • 車体が重い
  • ツインプラグで維持費に響く
  • エンジンオイルが多いので維持費に響く

この短所の中でも車体が重いってのが、僕にとっては致命的なパラメータでだったんですけど、当時はあまり深く考えてませんでした(笑)

火の玉カラーにトドメを刺される

そして、トドメにファイナルモデルのカラーの火の玉カラーが「あこがれのZII 」を彷彿とさせるではないですか!

ファイナルの前のイエローボールカラーやタマムシカラーなんかも好きでしたけどね。

それで気が付くとバイク屋にファイナルモデル1100の予約を入れていました。ほぼ衝動買いです。

バイク屋のオヤジの話では、「人気があるので確保できるかわからない」と言われましたが、ラッキーなことに無事確保できたのです。

 

見た目のカッコよさは注目の的

確かにゼファー1100の見た目は、好きな人にはたまらんのですよね。

rimg0057

ツーリング先のガソリンスタンドやパーキングエリアでは、まじまじと見ていく人が多かったですよ(笑)

若いお兄さんから、50過ぎのオジサマまで人気でした。

だけど、このバイクのデザインのオリジナルであるZIやZIIと遭遇すると、なんとも複雑な気分になったものです。

今ではゼファーも絶版車の仲間入りをはたして、プレミアムがつき中古価格も高騰しているので、価値が上がっていることは確かでしょうね。

オーナーさんはこのバイクを大事にした方がいいですよ。

 

さいごに

今となっては後の祭りではありますが、「もう少し良く考えてから買えばよかった」というのが正直な感想です。

このゼファーファイナルは、あまり乗らずに2年後に手放すことになりましたからね。

僕のバイクの好みは、重厚なクルーザーよりも、軽快でキビキビ走る軽量バイクなので、買う時はもっと他の車種も検討すべきでした。

このときに得た教訓としては、「バイクを買う時は自分の好みに素直になる」ということです。

僕はバイク買い替えの時にはいつも長く乗り続けられるものを選ぼうとしていました

しかし、このことがバイク選びに少なからずバイアスをかけていて、正常な判断が出来なくなっていたように思えます。

でも、バイクは実際に所有してみないと良し悪しがわからないのも事実なので、バイクは選びは難しいという煮え切らない結論になってしまいますね(笑)

では

ABOUTこの記事をかいた人

sim(清水了)

動物写真家、ブロガーとして活動中。
属性は他に、博士(農学)、DTMer,ツーリングライダー歴30年。
【問い合わせ】Twitterアカウント宛にDM
願います。
【注意】野鳥の撮影場所についてのご質問はご遠慮願います。