DUCATI M900S4 日記2:ありえない!と思ったこと

念願のDUCATIをようやくゲットしたわけですが、実際に乗ってみて「ありえない!!!」と感じたことをまとめておきます。最近のDUCATIは違うかもしれませんよ(笑)

イタリアンですので、個体間で当たり外れがあることを前提に読んでください。

1.渋滞でノッキングする

渋滞は半クラを使わないとノッキングします。渋滞まで行かなくても都市部の信号前のノロノロ運転でノッキンです。これ、「首都圏、走れないなあ」 と思いました(笑)

 

2.オイルが常に漏れている

シリンダーの付け根部分からオイルが常に滲んでいて、クランクケース上部のオイル溜まりに常にオイルが溜まっています。バイク屋さんに問い合わせると「こんなもんだ」との回答が帰ってきました…

お陰で、常にオイルが足せるようにオイルの買い置きをするようになりました。

 

3.信号待ちで頻繁にエンストする

いきなりエンストしますので、ボク自身も後続車もビックリしていました。コレ、交通量の多い都市部では怖いなあと思いましたよ。エンストは単なる信号待ちの時や発進しようと思った時に頻繁に起きました。

…と目立つ所でこんなですね。

 

まとめ

お陰で、いつ壊れるか分からないという不安を持ちながら乗っていました。そのせいか、このバイクで泊りのロングツーリングに出たことは一度もありません(笑)

実際、近場を走っていて自走できなくなるトラブルに遭遇しました(笑)

だけど、乗り味は今まで乗ったバイクのなかではトップクラスに面白かったですね。ちなみにボクの中で「乗って面白いバイクランキング」は次のとおりです。

1位.Kawasaki W650
2位.YAMAHA YZF-R1 2012モデル
3位.DUCATI M900 S4

いずれも軽量コンパクトで鼓動感のあるエンジンのバイクですね。しかも、それなりに速い!

ABOUTこの記事をかいた人

シミズサトル

動物写真家、ブロガーとして活動中。 属性は他に、博士(農学)、DTMer,ツーリングライダー歴30年。 【問い合わせ】Twitterアカウント宛にDM 願います。 【注意】野鳥の撮影場所についてのご質問はご遠慮願います。