DUCATI M900S4日記1:何を着てドカが乗るべきか?

成り行きで買ってしまった中古DUCATIの水冷モンスターM900S4です。それでも、長年憧れ続けたドカについに乗ることになってテンションMaxでした(笑)

ちなみにボクが乗っていたドカはコレです。

rimg0004

バトルスーツからシンプルなライダースへ

そこで、まずバイクウェアをイタリアンバイクに合うように見なおすことになりました。

それまで何を着てKawasaki ZZR1100に乗っていたかというと、なんと「バトルスーツ」です。ウエアのアチラコチラにプロテクターが仕込まれていて、その禍々しい格好のお陰でパーキングエリアですれ違う一般の人達は目を合わせてくれませんでした(笑)

髪の毛を金髪に近い茶色に染めたオッサンがそんな格好をしていては当たり前ですよね。

そんな反省もあって、すこしシックな落ち着いたウェアにすることにしたんです。

 

ペアスロープのレザーウェア

いろいろ検討した結果、ペアスロープのレザージャケットとレザーパンツを買うことにしました。サイズ合わせのために東京の店舗まで出向いての購入です。初めてのドカということで、それくらい気合が入っていたわけです(笑)

ボクが選んだのはG-62というロングセラーモデルです。ドックイヤーの襟のシンプルなライディングジャケットです。
01

ボクは物持ちがいいので長く使えそうなものを多少高くても買うことにしているので、ちょっと高いペアスロープの革ジャンを買ったわけです。もう、かれこれ10年使っていますがまだまだ使えそうです。

レザーパンツも同様ですね。デザインがシンプルなので飽きが来ず、作りもしっかりしているので長く使えそうです。

グローブもついでに、ペアスロープで新調しました。

ペアスロープはWebサイトが充実していて、店主のバイク用品やバイクへの愛が深く感じられます。ボクがペアスロープを選んだ理由はWebサイトの影響が大きいですね。

 

まとめ

つまり、上から下までペアスロープの皮製品でまとめたわけです。この時に買ったウェア類は気に入ってその後、10年以上愛用することになりました。

ABOUTこの記事をかいた人

sim(清水了)

動物写真家、ブロガーとして活動中。 諸々の閉塞感を打破するために、20年以上勤めた会社を40代半ばで辞めてフリーになる。 属性は他に、博士(農学:専門は微生物)、DTMer,ツーリングライダー歴30年。