本のレビューTweetでビックリしたこと

読書が趣味なので本のレビュー記事をたまに書きますが、まれに驚くことがあります。なんと、著者の先生からリツイートされたり、コメントをもらえたりするんです。

ちなみにボクは、本のレビューでアフィリエイトが入ることはほとんどありません(笑)

 

1.うれしい出来事

だけど、読んで感動した本のレビュー記事を書いてツイートすると、作家の先生から好意的なコメントとともにリツイートされることがあるんです。

これは正直ウレシイです。

たとえば、コレ

 

2.怖い出来事

反対にちょっと「怖いな…」と思う出来事もあります。

かなり前の話だけど

作家の先生たちはエゴサーチをしているようで、「ぼくの正直なちょっとネガな感想」を見せしめとばかりにリツイートされたり、しばらくの間フォローされたこともありました。監視のためでしょうか。

その感想というのも

「ボクには難しすぎました」のたった一言だったのです。

一応、ボクも気を使っているので、作家が気分を害さない程度には書いたつもりなんだけど…

感想なんだから個人差があるのは当然だと思いますし、

レビューだってポジティブなものばっかりだったらウソ臭いですから。

そのTweetを発掘しようとしたけど、恐ろしくてツイ消ししてしまったのか発見できませんでした。残念!

ボクのようにTwitterフォロワーが少なくても、作家の癇に障ると脅しともとれることをされるのでコワイです。

この件以降、感動した本しかレビューやTweetしなくなりました。

トラブルはゴメンですから。

ABOUTこの記事をかいた人

sim(清水了)

動物写真家、ブロガーとして活動中。 諸々の閉塞感を打破するために、20年以上勤めた会社を40代半ばで辞めてフリーになる。 属性は他に、博士(農学:専門は微生物)、DTMer,ツーリングライダー歴30年。