実験:マクネナナと初音ミク・同じ曲で比較してみた




新しいVOCALOIDマクネナナV3を導入したので、初音ミクV3と同じ楽曲でカバー曲をつくり比較してみました。

結論から書くと、この二人のVOCALOIDのキャラクターはかなり違うことがわかりました。

DAWとVOCALOIDエディターの設定は全く同じです。

ロリボイスという共通点はありますが、マクネナナの方が調教の苦労は少なそうで、しっとりなめらか感があり、たまに人間が歌っているのではないかと錯覚することもあります。

要するに、マクネナナの方が初音ミクよりも人間っぽい歌い方をします。

それでも、初音ミクの歌声には不思議なパワーがあるように感じますね。

以前、NHKの番組で初音ミクの歌声の周波数を分析した結果、人間が心地よく感じる周波数の音成分が多いという分析結果が出ていましたので、その辺も影響しているのでしょう。

このことは、歌の上手さだけが、ボーカルやVOCALOIDの魅力ではないことを語っていますね。

なお、今回つくったカバー曲は初音ミク用にVOCALOIDエディターのパラメーターを少しいじってあり、DAWでのエフェクトも初音ミク用に最適になるように一週間くらい思考錯誤して調整してあります。

皆さんは、どちらのVOCALOIDが魅力的に感じますか?

 



ABOUTこの記事をかいた人

sim

動物写真家、ブロガーとして活動中。 属性は他に、博士(農学)、DTMer,ツーリングライダー歴30年。 【問い合わせ】Twitterアカウント宛にDM 願います。 【注意】野鳥の撮影場所についてのご質問はご遠慮願います。