自動車を所有するよりタクシーやレンタカーの方が経済的だ

クルマもバイクも手放してしまったわけですが、この先、たまの移動手段としてクルマを利用したくなるシチュエーションもあるでしょう。そんな時は、「レンタカーに限るぜ!」という話です。

クルマやバイクを買った場合

クルマやバイクを所有すると年間10万以上の維持費を覚悟しなくてはいけません。クルマの場合は維持費の一番安い軽自動車であっても年間維持費30万円以上とかなり高額です。

以下、車両代も含めてですが、こんな感じになります。車両は10年間乗った場合の想定額です。

  • 普通自動車:70万円以上/年(車両代300万円で計算)
  • 軽自動車:30万円以上/年(車両代120万円で計算)
  • バイク(400cc以上):20〜30万円前後/年(車両代100万円で計算)
  • バイク(250cc):10〜20万円/年 (車両代50万円で計算)
  • 原付き2種(125cc):〜10万円/年(車両代25万円で計算)

非常にザックリした計算で、少し安めに見積もっています。 年間走行距離は5000kmくらいです。

内訳は車両価格の他に、税金、保険、車検、ガソリンなどで、タイヤやオイルなどの消耗品は含まれていません。

クルマやバイクの維持費計算については、様々なwebsiteに載っています。どこもさほど計算結果は変わらないですね。例えば、このサイトなんかは簡潔まとまっていてわかりやすいですよ。

 

レンタカーの場合

一方、レンタカーの場合だと一番安いクラスで12時間まで5000円くらいです。毎月1回借りたとしても年間6万円ですね。安い!!!

トヨタレンタリースの場合では、ガソリン車でこんな感じになりますね。

  • 軽自動車クラス:5400円/6時間
  • 1000ccクラス:5400円/6時間
  • 1500ccクラス(下):5960円/6時間
  • 1500ccクラス(上):7020円/6時間
  • 2500ccクラス(下):9720円/6時間
  • 2500ccクラス(上):16740円/6時間

公共の交通機関の通っている観光地であれば、それらを併用すれば、かなり行動範囲が広がるのではないでしょうか?

モチロン、車社会の田舎町では通勤にクルマはあった方が便利でしょうけど。通勤の必要がない生活をするのであれば全く問題なさそうです。

節約できた差額で、たまに美味しいものを食べたり、趣味のものに投資した方が生活の満足度は高そうですね。とくにボクはクルマの運転が苦痛ですからなおさらです。バイクは好きですけど、経済的に安定するまでのしばらくの間は我慢しようかと考えています。

 

さいごに

クルマを所有しなくても済むのであれば、そうした方が圧倒的に生活コストが安くなります。その差額は上の試算でも軽自動車の場合で20万円以上、普通自動車の場合で60万円以上です。

20万円あれば、あれも買えるし、これも食べれるし、遠くにも旅行に行けるし、と妄想が膨らみますね。

たまにしか使わないのであれば、レンタカーで十分です。レンタカーであれば、様々な車種に乗ることができるという楽しみもありますからね。

ABOUTこの記事をかいた人

sim(清水了)

動物写真家、ブロガーとして活動中。 諸々の閉塞感を打破するために、20年以上勤めた会社を40代半ばで辞めてフリーになる。 属性は他に、博士(農学:専門は微生物)、DTMer,ツーリングライダー歴30年。