MacBookPro再修理から戻る:ロジックボード交換2回目!

MacBookPro13(early2015 )が2回目の修理からもどってきました。なんとロジックボード2回目の交換となりました。

今回のトラブル

今回、申告していた症状は以下の3つです。

  1. ディスプレイ表示が乱れる(コレ1回目の修理後に現れた不具合!)
  2. スリープ復帰後に再起動するエラー
  3. WIFIが途切れるエラー

いずれも嫌らしいトラブルです。実用上、支障がでますから。

 

Appleの対応

今回は修理から戻ってくるのが早かったです!ドアtoドアでわずか5日間!

ボクの住んでいる地域だと、送るだけでも片道3日かかりますから驚きました。戻ってくるのは早くて明日だと予想していたので…

アップルの報告によると、こちらの指摘したトラブルは再現できなかったようです。しかし、ロジックボードは交換してくれました。

まあ、はじめは新品交換で話がすすんでいましたからね。

 

Appleに修理依頼するときの注意点

今までの修理対応を経験しての感想ですが、アップルの修理部門では常に症状が現れるようなトラブルじゃないと再現できないのではないか?と思います。

つまり、「発生頻度の低いトラブルはAppleでは再現できない」ので、最悪、何も処置せずにそのまま修理から戻ってくるのです。

Appleウォッチの時がまさにそうでした。

電話サポートでは、時間をかけてトラブルの原因を特定しますと言ってましたが、実際は速攻で修理から戻ってきますので、修理対応にはそこまで時間をかけないポリシーのようですよ。

ですので、買って2週間以内に、「コレなんかおかしい!」思ったら、即返品か新品交換することをオススメします。

Apple製品は購入してから2週間以内であれば、返品ができますから(Appleの返品ポリシー)。

僕の場合は、購入直後からトラブルが発生していましたが、電話サポートからの支持でトラブル解決を目指していたので返品期間の2週間が過ぎてしまいました。

アップル製品購入直後は、発生頻度の少ないトラブルが起きた時点で、そのトラブルが自分の許容範囲外であれば、即返品または新品交換を依頼するのがベストな選択ですね。

 

不具合は改善されたか?

今のところは不具合は起きていませんが、いいかげん治っていればいいですね。しばらく様子をみてみないとハッキリしたことはいえませんが…

追記:

その後、3つのエラーのうち2つは発生しなくなりましたのでロジックボード交換でトラブル解消できたようです。

しかし、スリープ後に勝手に再起動してしまう現象はたまに発生しています。仕様だと思って諦めて使っています(笑)

 

ABOUTこの記事をかいた人

sim(清水了)

動物写真家、ブロガーとして活動中。 諸々の閉塞感を打破するために、20年以上勤めた会社を40代半ばで辞めてフリーになる。 属性は他に、博士(農学:専門は微生物)、DTMer,ツーリングライダー歴30年。