転職前は時間はあるけど金欠であまり乗れず【ゼファー1100日記】

前回書いた箱根・軽井沢ツーリングのときには、すでに転職が決まっていて有給消化期間に入っていました。次に会社は6月から勤務だったから、5月中はわりと自由になる時間がありましたね。お金はなかったけど(笑)

引っ越し代はギリギリだった

もともと、貯金はあまりなくて、引っ越しが完了した段階で貯金残高は5000円くらいだったから笑えます。引っ越しの予算も3万円しかない有様で、引っ越し見積もりをとったら10万円って言われて困りはてました。交渉して荷物がいつ届くか分からない便であれば3万円で運んでくれるってことになって結果的に引っ越しできたわけですけど、貯金は大切だと思いましたね。

当時のボクのために弁護しておくと、一応箱根ツーリングから帰ってきた段階では10万円以上は貯蓄があったんだけど、度重なる宴会や引っ越し先への車の陸送・交通費などで最終的にスッカラカンになってしまったんです。今にして思えば宴会を断れなかったというが一番の敗因でした。素直をお金がないのでと、断るべきだったですね。

肝心のバイクはというと、ボクが札幌を離れるときにツーリングを兼ねて自分で乗って引っ越し先に移動しました。

 

金欠にもかかわらず定期預金を解約してバイクを改造する

それくらい金欠だったんだけど、ちょうど、そのころに積み立てていた定期預金が満期になったので解約して現金にしたんです。それを引っ越し費用や生活費に当てればよかったのに…

ボクはバイクの改造につぎ込んでしまいました。とは言っても大した金額が手に入ったわけではないから、ヨシムラの集合管(フルエキ)とKAWASAKIのエンブレムを買ってオシマイでした。

取り付けた集合管のヨシムラサイクロンは、交換のビフォア・アフターで性能が上がったとは思えなかったですね。ノーマルマフラーの方が乗りやすいのは当たり前ではありますが…

そんな金欠状態でも近場はこまめに走りにいってましたね。

そのツーリング中、自宅の電話に転職先の上司から電話が入っていて、ボクと連絡が取れなくて呆れていたよ。当時は携帯電話も普及していなかったからね。

…とオチなしですが

では

ABOUTこの記事をかいた人

sim(清水了)

動物写真家、ブロガーとして活動中。 諸々の閉塞感を打破するために、20年以上勤めた会社を40代半ばで辞めてフリーになる。 属性は他に、博士(農学:専門は微生物)、DTMer,ツーリングライダー歴30年。