憧れの漫画の舞台「箱根・軽井沢」へ聖地巡礼の旅【ゼファー1100日記】

リンク広告




当時勤めていた会社の先輩と本州にバイクツーリングに行くことになりまして、時期はGW。宿は先輩の前職の友人宅にタダで泊めてもらうというビンボー旅行。

ツーリング先の元ネタの漫画は「あいつとララバイ」と「我が名は狼」です。いう

荷物もシンプルでした。今のように装備も持っていませんでしたから。新たに買ったのはタンクバックと雨具のみ。防水ザックは中型バイク時代に使っていたボロ。着替えも最小限でした。

旅程は4泊5日の日程だったかな。ザックリとこんな感じ。

1日目:札幌→小樽→フェリーで一泊
2日目:新潟着(フェリーで早朝)→関越道で日光→埼玉の先輩に友人宅に宿泊
3日目:埼玉→箱根→埼玉の先輩に友人宅に宿泊
4日目:関越道で軽井沢経由で新潟へ→フェリー乗船・一泊
5日目:小樽着(夕方)→札幌着

コースは、ボクのリクエストを先輩が聞いてくれてプランニングしてくれるという大変ありがたい話でした。

ちなみにボクのリクエストの元ネタは以下の漫画です。

箱根は「あいつとララバイ」でケンジ君と水曜日のシンデレラのポルシェがバトルしたコース。ターンパイクを登って芦ノ湖スカイライン、そして長尾峠を抜けて御殿場インターへ抜けるコースでした。

 

 

軽井沢は「我が名は狼」の舞台でした。この漫画は古いしマイナーでだから知っている人は少ないでしょうね。この漫画にはバイクはちょっとしか出てきませんけど。

我が名は狼(うるふ) (1) (秋田文庫)
たがみ よしひさ
秋田書店
1997-11

 


たがみよしひさ作品では「滅日(ほろび)」と「化石に記憶(いしのきおく)」もオススメです。

滅日 (上) (ぶんか社コミック文庫)
たがみ よしひさ
ぶんか社
2008-07-19

 

 

化石(いし)の記憶 (Vol.1) (秋田文庫 (22-3))
たがみ よしひさ
秋田書店
2006-07

 

 

…と、すこし脱線しましたが、学生時代に好きだった漫画の舞台となったコース(聖地巡礼というのか)をゼファー1100で回ってきたこともあったという話でした。

関連コンテンツ_グーグルアドセンス



ABOUTこの記事をかいた人

sim

動物写真家、ブロガーとして活動中。 属性は他に、博士(農学)、DTMer,ツーリングライダー歴30年。 【問い合わせ】Twitterアカウント宛にDM 願います。 【注意】野鳥の撮影場所についてのご質問はご遠慮願います。