物欲がにくい今日この頃:YAMAHA BOLT

来年1年間はバイクなし生活をすると宣言して間もないけど、早くもBOLTというバイクが気になって困っています。ちなみに昨年契約したセローは契約解除して白紙に戻しました。

BOLTというバイク

ちなみにBOLTって、YAMAHAの空冷Vツインで排気量950ccのクルーザーです。

color01_001zoom

BOLTはセロー契約時に店舗で実車を見て、さんざんdisった記憶があるけど、それはハーレーのレプリカという偏見がかなり入っていたことが原因です。

単体で改めて見てみるとデザインも個性的で、今はかなり気になっています。ツインだから乗って楽しいエンジン特性だっていうのも容易に想像できますし。

北米で流行のボバースタイルという極力無駄を廃したデザインがカッコイイですね。エンジン周りの造形も美しくて、見とれてしまいます。

feature01_001

 

ヤマハのツインエンジンのクルーザーに乗ってみたい

ツインエンジンのバイクは元々好きで、過去にDUCATI、Kawasaki W650と乗った経験あります。総じて4気筒エンジンのバイクよりも乗った感じ楽しかっです。特にW650は良かった。

Kawasaki W800というバイクが現行車種であるけど、YAMAHA BOLTに気持ちが傾いているのは、メーカーの信頼性ですね。

Kawasakiのバイクはずいぶん沢山のったけど作りが雑なんですよね。DUCATIほどじゃないけど、エンジンからのオイルの滲みはよくあることだし、カウルの合わせ面も雑でピッタリしてないしね。

その点、最近まで乗っていたYAMAHAのYZF-R1は作りこみはKawasakiとは比べ物にならないくらい丁寧でメカとしても信頼度高かったです。壊れる気がしなかったもんね。

次に乗るならYAMAHAかHONDAがいいなと思っているのだけど、ツインエンジンのバイクではデザイン的にはYAMAHAの方が僕好みです。

というわけで、BOLTが気になっているわけ。デザインではSRも好きだけど調べてみると高速道路がつらいみたいですから。

 

BOLTで心配な点

BOLTのネガな点としては、荷物の積載がリヤシートの上に積むタイプではない点です。リアシートが細すぎて、あの上には大きな荷物は積むのは辛そう。

だから積載はサイドバックになると思うんだけど、革や合皮のサイドバックって雨の日どうなんだろう。僕は使ったことないから想像できませんが、痛むのが早そうですね。

あと、それがハンドリングに影響しないかどうかも気になりますね。まあ、この辺はバイク屋に聞けばわかることだから、物欲を抑えられなくなったらバイク屋で相談してみます。

 

さいごに

ただ、無職になる人が大型バイクを維持するのはちょっと気が引けますね。移住先の賃貸住宅でバイク置き場を確保できる確率も低いし。そうなると、実家で居候&無職のパターンか、早期退職自体を辞めるかの選択になるのでちょっと悩みますね。

では

ABOUTこの記事をかいた人

sim(清水了)

動物写真家、ブロガーとして活動中。 諸々の閉塞感を打破するために、20年以上勤めた会社を40代半ばで辞めてフリーになる。 属性は他に、博士(農学:専門は微生物)、DTMer,ツーリングライダー歴30年。