雪が降るまでナイトクルーズ【ゼファー1100日記】

バイク免許を限定解除したすぐ後、ゼファー1100をシーズン終盤にゲットして、嬉しさのあまり毎晩、札幌・小樽間をナイトクルーズした話です。

季節は初冬の11月の北海道です。寒いのでスキーウェアを着込んで会社が終わると札幌から小樽までを毎晩のようにクルーズしていました。

クルーザーといっても排気量1100ccのバイク、周りを走っている車にはまるで負ける気がせず、得意気にクルーズしていたような。とはいっても、車の流れにのっての安全運転ですが(笑)

途中、パトカーに張り付かれたり、ポルシェに煽られたりしたこともありましたが、マイペースで毎日楽しく乗っていましたね。

道自体は単調でしたが夜なので交通量も少なく、そこそこ快適に走れました。11月なので虫でバイクが汚れることもなかったし、寒さを除けば快適そのものです。

たまに、西野からばんけいを通って真駒内に抜ける山道のルートをクルーズすることもありましたが、途中のパーキングエリアで立ちごけして困ったこともありました。そのパーキングエリアは砂利だったのと、やはり車重が重くてなかなか起こせなかったんですよね。うーん、なつかしい!

ちなみにそれは、このルートです。市内から近いのに交通量少なめでお気に入りの道でしたよ。

そんなナイトクルーズも2週間くらいしか楽しめませんでしたね。なんせあっという間に雪がふって本格的な冬がやってきましたから。

北海道民は冬の間、バイクをどうしているかっていうと、ボクのようなアパートぐらしの人はバイク屋に一冬数万円でバイク預ってもらうのです。実家暮らしのときはボロい物置にバイクを突っ込んで凌いでいたけど。

北海道は半年近くバイクに乗れない季節があるから損した気分になることもあるけれど、そのぶんバイクシーズン中はテンション上がるのですよ。

…と今回はここまで

では

ABOUTこの記事をかいた人

シミズサトル

動物写真家、ブロガーとして活動中。 属性は他に、博士(農学)、DTMer,ツーリングライダー歴30年。 【問い合わせ】Twitterアカウント宛にDM 願います。 【注意】野鳥の撮影場所についてのご質問はご遠慮願います。