はじめての大型バイクゼファー1100のインプレ

リンク広告




Kawasakiゼファー1100というバイクは、ボクにとっての最初の大型二輪でした。このバイクとは縁があったのか、初期型(中古)とファイナルエディションの2台を乗りました。今回はそんなゼファー1100のインプレを書きました。

下の写真はファイナルエディションの写真。火の玉タンクがかっこ良かったなあ。なにかと注目の的でした。

rimg0057

 

僕が買った初期型ゼファー1100

最初に乗った初期型の中古車は走行距離が少ないパット見キレイな車両でした。カラーはちょっとパープルのはいったブラックのメタリック。

ただ、よく見るとフレームのエンジンをマウントする部分が曲がっていたりと、リアブレーキがほとんど効かなかったりとチョット怪しい車両でしたね。これはバイク屋に相談しても直りませんでしたから、運が悪かったようです。

ビンボーな若者にとっては十分満足でしたが(笑)

残念ながら写真はほとんど残っていません。まだ、デジカメが普及する前の時代でしたからね。

 

改造箇所

改造はタンクのエンブレムを「ZEPHYR」から「KAWASAKI」に変えたのと、マフラーをヨシムラサイクロン(メガホンタイプの集合管)に交換したくらいですね。これは細々と積み立てていた定期預金を解約したお金でのカスタムです。つぎ込んだお金は10万円ちょいですね。

マフラーを純正の2本出しから集合管に変えたので車体重量は少し軽くなったと思うけれど、そんな実感はぜんぜんありませんでしたよ。もとの車体が重すぎるからね、このバイクは。

 

このバイクの特徴

このバイクの特徴をざっと書き出すと下のようになります。

  1. 重い:完走重量で250kg近くあったから装備重量だと270kg以上あったと思うよ。
  2. ツインプラク:4気筒だからプラグが8本必要。維持費が気になるけど、2年チョット所有して交換したことはないかな。
  3. 燃費が悪い:15km/L。維持費に影響。
  4. バイアスタイヤなので長持ち:2シーズンは余裕でもったよ。
  5. オイル量が多い:5Lくらい入る。維持費に影響。
  6. ゆっくり走ってもストレスがたまらない。逆に車両重量が重いので、スピードを出すと怖い。
  7. ルックスが景色に合うけど、Z1やZIIのレプリカ的な目でみられる。まあ、気にしなければいいんだけどね。
  8. 荷物の積載がよいので、ツーリングに合う。
  9. 空冷4気筒なので洗車が結構たいへん

と、いろいろ書いたけど、重さがウィークポイントである点を除くと目立った欠点のないバイクでした。

乗った感じの重さもバイク屋に話ではホイールを変えるとかなり改善されるらしいです。お金をかけてカスタムすれば、それなりに楽しいバイクになるみたいですね。

ノーマルの状態のバイクの性格としてはクルーザーだから走って面白いバイクではないけど、その分長く乗ることができそうなバイクかもしれません。

関連コンテンツ_グーグルアドセンス



ABOUTこの記事をかいた人

sim

動物写真家、ブロガーとして活動中。 属性は他に、博士(農学)、DTMer,ツーリングライダー歴30年。 【問い合わせ】Twitterアカウント宛にDM 願います。 【注意】野鳥の撮影場所についてのご質問はご遠慮願います。