新品のMacBookProで起きた4つのトラブルに呆れ果ている

MacBookPro13インチ(early 2015)を修理に出して一週間、アップルから電話連絡がありました。修理延長が確定です。

なんてこった!

新品で買ってすぐに4つもトラブルが起きたので、参考のためにトラブルとアップルケアサポートの対応を書いておきます。


トラブルの種類ごとに状況を書くと、

1.スリープ後の再起動エラー

  1. エラーログから基盤に過電流が流れた形跡があるため、基盤(マザーボード)交換
  2. 3回スリープ実験をやってエラーを観測できなかった。これについては再起動エラーの頻度が低くて、そのくらいでは発生しないことは伝わっていなかったようです。

追記:ちなみにこのエラー、この後に買ったiMac 4K (late2015)でも同じように発生しているので、もしかしたらハードではなくて、OS側の問題かもしれませんね。

追記:修理完了後も改善なしですね。諦めて使っています。基本スリープ運用をしないことにしました。よる寝る前に電源を落とすという古典的な運用方法に戻しました。

 

2.充電されないエラー

修理センターの実験で本体電源に原因があることがわかったそうです。基盤交換により部品も新しくなるとのこと。

なお、マグセーフの電源アダプターは新品交換となりました。

追記:修理完了後に確認したところ、エラーは解消されています。

 

3. サンダーボルトポートの接触不良

修理センターの実験でエラーを確認できなかったが、基盤交換により部品も新しくなるとのこと。

追記:修理完了後に確認したところ、エラーは解消されています。

 

4.WIFIが途切れるエラー

修理センターの実験でエラーが確認でなかったため、そのまま返したいといわれました。エラーが発生するこちらの状況が伝わってなかったようなので再度説明して部品交換を要求しましたが、もう1日テストすることに。部品交換については上司と相談してみるとのことです。

追記:修理完了後も改善なしですね。諦めて使っています。

 

さいごに

修理工場は土日は休みなので、今週末もMacなしなのが、地味にツライです。

Macのトラブルの修理対応で困るは、やはり時間の損失です。

アップルの修理センターに出しても、トラブルがすぐに再現できなければ、そのまま戻ってきてしまうシステムなのも考慮しておくべきでしょう。

新品で買って2週間以内であれば返品や交換ができますので、「なんかおかしいぞ」と思ったら即返品するのが懸命だと思いました。

たまたま当たりが悪かったのかもしれませんが、最近、アップル製品の品質というか信頼性が低下していると感じるのは僕だけでしょうか?

では

ABOUTこの記事をかいた人

sim(清水了)

動物写真家、ブロガーとして活動中。 諸々の閉塞感を打破するために、20年以上勤めた会社を40代半ばで辞めてフリーになる。 属性は他に、博士(農学:専門は微生物)、DTMer,ツーリングライダー歴30年。