オススメ本: 「もしドラ」を読めば、ラノベ感覚でドラッカーのマーケティング学べる




「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『 マネジメント』を読んだら」の読書メモです。

これは感動できる実用書ですね。ラノベとして読んでも面白い!

実用書としては、マーケット感覚を身に付けたい方にオススメです。

市場が何を求めているのか?という視点そこに切り込んで行くときのヒントなどがもらえると思います。

基本、ラノベ感覚で読めるので固苦しく構える必要はありませんが、

ボクは「お金を稼ぐ力」をつけたくてこの本を読みました。「お金を稼ぐ」ことの最初のステップは次の一文に集約されます。

 

顧客は誰か?

当たり前ですが、顧客が誰であるのかを明らかにしないと、稼ぐ力というかマーケット感覚は身につきません。

そして、次のステップとして重要なのが、

 

マーケティングとイノベーション戦略

マーケティングは顧客の要望を知ること

イノベーションとは過去の方法論を陳腐化することで、これが成功すると競争相手がいなくなるので、しばらく一人勝ち状態が続くことなんですが、そのことよりも次の引用が印象的で「気づき」をもらいました。

イノベーションとは、科学や技術そのものではなく価値である。組織のなかではなく、組織の外にもたらす変化である。…….

イノベーションの戦略の一歩は、古いもの、死につつあるもの、陳腐化したものを計画的かつ体系的に捨てることである。イノベーションを行う組織は、昨日を守るために時間と資源を使わない。昨日を捨ててこそ、資源、特に人材という貴重な資源を新しいもののために解放できる

 

新しいアイデアを思いつくだけではなくて、むしろ過去のものを手放すことが大事というですね。

ハイパーメディアクリエイターの高城剛さんも常々、メルマガのなかで言っていますが、「新しいことを始めるのは簡単だけど、今までやっていたことをやめたり、手放すことの方がはるかに難しい」とドラッカーの教えとの共通点を意外なところに見つけて、チョット驚きました。

イノベーションについては、もしドラの続編がわかりやすいので、興味を持たれた方にはオススメします。

 

 

この小説では最後、このように締めくくっています。ここに、「もしドラ」の内容が凝縮されていますね。

インタビュアー:

「甲子園では、どんな野球をしたいですか?」

ヒロイン属する野球部のキャプテン:

「あなたは、どんな野球をしてもらいたいですか?」

「ぼくたちは、それを聞きたいのです。ぼくたちは、それをマーケティングしたいのです。なぜなら、ぼくたちは、みんながしてもらいたいと思うような野球をしたいからです。ぼくたちは、顧客からスタートしたいのです。顧客が価値ありとし、必要とし、求めているものから、野球をスタートしたいのです」

 



ABOUTこの記事をかいた人

sim

動物写真家、ブロガーとして活動中。 属性は他に、博士(農学)、DTMer,ツーリングライダー歴30年。 【問い合わせ】Twitterアカウント宛にDM 願います。 【注意】野鳥の撮影場所についてのご質問はご遠慮願います。