北海道でも自家用車なしで生活できるよ

北海道の過疎の町で車なし生活を始めて3ヶ月目です。今後も車を所有する予定は今後はありません。

そこで、北海道で自動車を持たない生活が可能なのかについて書いておきます。


1.車を持つことはデフォルト?

北海道ではどの地域でも(例えば、道内最大の都市・札幌市でも)、「車を所有することはデフォルトだ!」と道民は考えています。中には車を持っていない人もいますが極めてマイナーです。

確かに、通勤、郊外のショッピングモールでの買い物、休日のレジャーには車があると楽ができるのは事実です。

だけど、そんな中で車を持たずに生活している人(サラリーマン)を数人知っています。

彼らは過去に車を所有したことがあって便利さを知っているにもかかわらず、好んで車のないライフスタイルを選んでいます。ボクもその中の一人です。

 

2.実際は自家用車が無くても生活できるよ

実際問題、ある程度の規模の都市や地方の町村でも公共交通機関がある場所に住んでいれば、車が無くても生活できることは厳然たる事実です。

通勤、買い物、クリーニング、通院、通学、役所の手続き、運転免許の更新、旅行など、どれも公共の交通機関を利用すればできるものばかりだからです。モチロン、徒歩でもね。

事実、JR・地下鉄駅の近郊に住んでいれば生活にはほとんど支障がありません。JR・地下鉄駅が無くともバス停が近くにある場合は少し便利さが下がりますが十分生活できます。

ボクは以前に札幌市に住んでいたときに一時的に車を持たずにバス通勤していた時期がありましたが、特に生活に支障はありませんでした。

その後、車を所有しましたが、その理由が「夜残業してバスの最終便がでた後も仕事ができるように」という今考えると非常にバカげたものでした。深夜残業するために車を所有するとは、若気の至りですねorz…

ただし、北海道の地方都市では車社会前提で街が作られいるところもありますので、そんなところで生活するには、バス路線の近くに住むなどの工夫が必要かもしれません。現在、ボクもこのパターンです。

 

3.車がないと困るシチュエーション

例えば、アウトドアや車がないと行けない場所にある観光地など(全部そうじゃないと思うけどね)に行きたくなったときですね。

そんな時はタクシー運転手と交渉してリーズナブルな料金で利用するか、レンタカーを借りるかの選択をすればクリアできてしまいます。

普通自動車の維持費は年間50万円以上はかかりますので、そのことを考えるとたまに使うタクシー代やレンタカー代は安いものです。

【参考記事】自動車を所有するよりタクシーやレンタカーの方が経済的だ

それと、急病のときに困るっていう人もいうけど、病状が深刻な場合は救急車を利用するばいいわけだしね。

 

4.結論:車が無くても北海道で生活できる

結論として、車がないと困るシチュエーションってそんなにないと思います。

だったら、車に乗るをやめて、健康と他のことに投資した方が有意義な人生を送れるとボクは思うのです。

事故のリスクや雪道運転のストレスを考えると、車を持っていない方がかえって気楽に生きることがでますよ!

冷静に考えてみると質量1トン以上の物体をハイスピードで運転するのって怖いことですよね(笑)運動エネルギーの大きさが考えると…

では

 

ABOUTこの記事をかいた人

sim(清水了)

動物写真家、ブロガーとして活動中。 諸々の閉塞感を打破するために、20年以上勤めた会社を40代半ばで辞めてフリーになる。 属性は他に、博士(農学:専門は微生物)、DTMer,ツーリングライダー歴30年。