学校では教えてくれない「フェルドマン博士の日本経済最新講義」【読書メモ】

日本経済の課題とそれをクリアするための障壁となっている既得権益について書かれています。

かなり平易に書いてあるので中学生でも理解できる内容です。

学生さんやもっと若い方にこそ読んで欲しいと思いました。

人生設計のヒントになると思います。

内容をザックリとまとめると「日本経済が抱える弱みは、高齢者向けの社会保障費が多すぎること、グローバルに対応できる人材育成ができないこと、改革が必要でも既得権益が邪魔をして一向に進まないこと」を強く主張しているように思えました。

つまり、日本という国の既得権益層とその社会構造について言及しています。いわゆる世の中の仕組みっていうやつです。

学校では決して教えてくれない内容ですので若いときにこそ知って、今後の人生設計の参考にするといいのかなと思いました。

月次といえばそうだけど、内容がわかりやすくて具体的な点もオススメです。

ですが、僕の琴線にはあまり触れませんでしたので強くはオススメ致しません。

だけど、有名ブロガーのちきりんさんがこの本を絶賛していたことも付け加えておきます。

 

以下、目次(の抜粋)です。

第1章 世界経済と日本
・経済のグローバル化が進むと、日本経済にどんな影響があるか
・世界経済から見たとき、日本経済の強みと弱みは何か
・米国経済薄曇りの原因は?
・中国経済の原則に歯止めはかかるのか
・TPPのメリットとデメリットとは?
・欧州経済の問題点は何か
・難民は、受け入れ国のチャンス
・他…….
第2章 アベノミクスの評価と今後
・アベノミスクってそもそも何?
・なぜ財政改革ができないのか?
・財政再建のために、選挙制度をどう変えればいいのか
・他…….
第3章 エネルギー政策を考える
・経済について考えるとき、エネルギー問題は突出して重要
・日本のエネルギーの使い方は、何が問題か
・原発に未来はあるのか
・再生可能エネルギー実用化の現状は?
・化石燃料はもう過去のもの?
・明るい未来のためのエネルギー政策
第4章 働きやすい労働市場にするために
・雇用と労働を考えるときの大原則
・日本式雇用の長所と短所
・これから先、賃金は上がりますか
・定年を引き上げたら経済効果が上がる?
・他………
第5章 少子高齢化社会の煉獄
・出生率の低下を食い止める手立てはあるのか
・家族のあり方や働き方を変えるべき
・医療費はどのように使われているのか
・社会保障費の構成を見なおそう
・他…….
第6章 地方再生と教育改革の進め方
・地方再生の課題は何か
・地方経済が行き詰まった理由は?
・留学は早い方がいい
・教育改革には何が必要か
・他……

大人にはオススメしませんが、まだ人生の選択の余地のある若い人ほど読む価値ありと思います。

ABOUTこの記事をかいた人

sim(清水了)

動物写真家、ブロガーとして活動中。 諸々の閉塞感を打破するために、20年以上勤めた会社を40代半ばで辞めてフリーになる。 属性は他に、博士(農学:専門は微生物)、DTMer,ツーリングライダー歴30年。