Macのわかりにくい感圧式トラックパッドの設定方法

sim(@ssiR01)です。

最近のMacは感圧式のトラックパッドを採用したために、初期設定のままだとドラッグ操作をするときに物理クリック(カチッと押し込む)が必要です。

これが操作をワンテンポ遅らせるので、とても好きにはなれません。

そこで、スマホやタブレットのタッチスクリーンようなタップと指を滑らせるだけで使う方法をやっと見つけたので、その設定方法を忘備録として書いておきますね。

 

設定の方法

設定は簡単で次の3ステップでできます。

1.システム環境設定のアクセシビリティをクリック

36

 

2.左枠の「マウス/トラックパッド」を選択し、中央下の「トラックパッドオプション」をクリック

24

 

3.「ドラッグを有効にする」にチェックを入れるで完了です。

37

 

さいごに

僕は感圧式トラックパッドが採用される以前からトラックパッドで物理クリックをしたことがなかったので、この設定方法を見つけるまでは操作に違和感を感じ続けていました。

ですが、この設定をしてからはトラックパッドを以前にようにスマホやタブレットのタッチスクリーンのように使えるようになったので、ほっとしています。

では

ABOUTこの記事をかいた人

sim(清水了)

動物写真家、ブロガーとして活動中。 諸々の閉塞感を打破するために、20年以上勤めた会社を40代半ばで辞めてフリーになる。 属性は他に、博士(農学:専門は微生物)、DTMer,ツーリングライダー歴30年。