iTunesのコンピュータ認証のリセット:トラブルシューティング




パソコンの売却などでiTunesの認証解除を忘れてしまうと、その記録がずっと残ります。

つまり実際1台しか認証していないのに2台認証しているような状態になってしまうのです。

この認証を強制的にリセットする方法を書いておきますね。ただし、この方法は1年に1回しか使えないので注意が必要です。

症状としては下の画像のように、コンピュータの認証をした時に実際に使っているコンンピュータの数よりも多い数を認証していると表示されます。

31

このトラブルについて、すべてのコンピューターの認証を解除することで解決します。方法は次のとおりです。

 

方法

次の4ステップでできます。

1. iTunes Storeにサインイン

03

 

2. アカウント情報をクリック

iTunesのバーションによって、アカウント情報の場所が違います。

2016年現在のバージョン12.5.4.42ではメニューバーのアカウントの中の「マイアカウントを表示」にアクセスするとたどり着けます。

 

3. パスワードを再入力後、アカウント表示ボタンをクリック

10

 

4. 「Apple IDの概要」の箇所の「すべて認証解除」をクッリクで完了

03

 

注意事項

この操作は1年間に1回しかできません。

つまり、今日この操作をすると次に出来るのはちょうど1年後の今日以降です。

操作方法に不安がある場合にはアップルケアサポートに相談しましょう!(0120-993-993)

では



ABOUTこの記事をかいた人

sim

動物写真家、ブロガーとして活動中。 属性は他に、博士(農学)、DTMer,ツーリングライダー歴30年。 【問い合わせ】Twitterアカウント宛にDM 願います。 【注意】野鳥の撮影場所についてのご質問はご遠慮願います。