Macのストレージで大容量を占めている「その他」領域を減らす




MacBookPro13 (Early2015)を購入、TimeMachineからシステム移行後、ほとんどのデータを外付けHDに移動しました。

しかし、それでも内蔵SSDが約500GB使用済み、そのうち「その他」が274GBを占めていました。

DTM系のアプリが原因のような気がします。

 

Macの内蔵ストレージの使用状況

実際、こんな有様です(笑)

21

最初からこれでは先が思いやられます。次にMacノートを買うときは内蔵SSDを増設しない予定ですので、運用方法を変えなければならないようです。

ストレージの断捨離です。

いろいろとネットで調べてみましたが、ケース・バイ・ケースで普遍的に有効な方法は無いようです。

 

対処法

今回、ぼくがトライする対処方法は以下のとおりです。

1.設定以外をタイムマシンから移行せずに、アプリとデータは手動で入れる。

2.インストールするアプリを絞る。

具体的には音楽関係のソフトウェアが容量を圧迫しているようですので、インストールするのは以下のものに絞る予定です。

  1. DAW:Logic Xのみを入れる
  2. VOCALOID:全部入れる
  3. 外部音源とエフェクト:NI KOMPLETE9、WAVES GOLDなどWaves製品、AD Drums2
  4. MMD関係:VMWARE Fusion 8, Windows 7, MMD
  5. Office Mac 2016
  6. Photoshop CS6
  7. Final Cut ProとMotion

その他の動作の重いソフトや容量を食いそうなのは入れない予定です。

3.インストールしない予定のソフト

  1. Cubase7.5,
  2. Vocaloid  for Cubase,
  3. Studio One LE,
  4. Abelton Live,
  5. ELECTRI6ITY,
  6. Melodyneなど

 

さいごに

ちょっと勿体無い気もしますが、思い切って断捨離します!

様子をみてLiveは入れるかもしれません。

結果は、設定完了次第レポートします。

追記:結果は以下の記事を参照して下さい。

【参考記事】DTM用MacのHDの「その他」領域を半分以下に減らす方法



ABOUTこの記事をかいた人

sim

動物写真家、ブロガーとして活動中。 属性は他に、博士(農学)、DTMer,ツーリングライダー歴30年。 【問い合わせ】Twitterアカウント宛にDM 願います。 【注意】野鳥の撮影場所についてのご質問はご遠慮願います。