最初のDTM環境 2012.9




ぼくの最初のDTM環境について書いておきます。

必要最低限、何が必要なのか?のヒントになればうれしいです。

「足るを知る」です。ぼくは欲深い人間なので散財してしまいましたが…

 

機材

1.はじめから持っていたもの

  1. MacBook Air 13インチ
  2. DAW:Garage Band(Macにバンドルされている)
  3. モニター用ヘッドフォン:AKG K401

ヘッドホンは一時期オーディオにハマりかけて、リスニング用にもともと持っていました。

ただし、Macのフォンアウト直挿しやヘッドフォンアンプを経由しても音量が上がらなかったので、2〜3月後にオーディオインターフェースを買いました。

 

2.新たに買ったもの

当時、Macで初音ミクをやるために必要なものを買い足した感じですね。当時の初音ミクはWindowsでしか使えませんでしたので。

  1. VMware fusion(Mac上でWindowsを動作させるソフト)
  2. Windows 7
  3. 初音ミク(VOCALOID2)

ただし、初音ミクはMacで使っていたために、ノイズなどの不具合で発売元のクリプトンに問い合わせしても対応してもらえなかったのは悲しかったですね。

 

なるべくお金をかけずにボーカロイドをやるには

今は、初音ミクもMacに対応して、DAWも一緒にバンドルされてくるので機材や経済的なハードルは限りなく低くなっています。

贅沢をいわなければ、MacかPCだけあればボカロをやるために、例えば初音ミクだけ買えばDTMはできてしまいます。

音をきれいにモニターしたいのであれば、オーディオインターフェースとモニター用のヘッドフォンかスピーカが必要になります。

しかし、お金を掛けたくなければ最初のうちはお手持ちのイアホンでPC直挿しでモニターしてもいいでしょうね。

多くの場合、作った曲を聴く時はほとんどiPhoneで聴くでしょうから。

少しお金に余裕があればDAWとVOCAOIDエディターとオーディオインターフェースで17000円くらいの「VOCALOID™ スターターキット」がお得かもしれません。

以下のリンクを見ていただければ、わかると思いますが、VOCALOIDの歌声データ(ミクなど)やモニター用のヘッドフォンやスピーカーは別売りでついてきません。

 

 

 

 

機材に選定をどこに相談したらよいのか?

ぼくのようにまわりに相談する人がいない場合は楽器店の店員さんに相談するのがいいです。

ぼくの場合この程度のことすらわからなくて、非情に苦労しましたね。

 

さいごに

DTMやボーカロイドを始めるのに必要な機材は驚くほど少ないです。

しかし、贅沢を言い始めるとお金がどんどん流出するので注意が必要ですよ。

以下、参考記事です。

DTMで100万円溶かした僕が教えるミニマリスト的DTM機材の選び方

 



ABOUTこの記事をかいた人

sim

動物写真家、ブロガーとして活動中。 属性は他に、博士(農学)、DTMer,ツーリングライダー歴30年。 【問い合わせ】Twitterアカウント宛にDM 願います。 【注意】野鳥の撮影場所についてのご質問はご遠慮願います。