【バイク】車歴27年分

バイク乗りの自己紹介はまずは車歴からということで、過去28年間に乗ったオートバイの紹介です。

YAMAHA DT200R

新車購入。

免許をとってから購入資金をためるためにしばらくバイトをしていましたね。

トコトコと走る、乗っていて平和な気分になれるバイクです。

はじめてのバイクでもあり、乗っているだけで幸せでした。

今となっては貴重な2ストエンジン。回すとパンチがありますが燃費が悪く、田舎道でのガス欠も経験しました。

河川敷やダートなどのオフロードも楽しめ、文字通り走る場所を選ばない自由な乗り物でした。

しかし、当時流行りのレーサータイプが欲しくなり1年で売却。
img_0003

 

YAMAHA FZ400R

丸目2灯の初期型です。

このバイクは最高にかっこ良く、お気に入りでした。今なお、このデザインは色褪せませんね。

中古のボロでしたが、雨の日も風の日も毎日の通学やロングツーリングに使っていました。

エアクリーナーボックスに亀裂が入っていて、そこから泥水がエンジンに入ってオーバーホールをしましたが、完調には戻りせんでした。6年間所有しました。

img_0004

Kawasaki ゼファー1100

はじめての大型バイク。

ぼくのは初期型の黒。楽しいバイクではないですが、ゆっくりドロドロ走るには良かったです。

社会人になって2年目、限定解除の試験を6ヶ月間かけて合格して手に入れた中古バイクです。

当時ZIIが流行っていましたが高嶺の花で手が出ず、形が似ているゼファーにしました。

ローンが終わった2年目に逆輸入車が欲しくなり、次のバイクに乗換えます。

28_l

Kawasaki ZZR1100 D

ぼくのはレッドアマランスマイカ単色、新車購入です(赤紫のメタリック)。

感動的な高性能バイクでしたが、自制心を保つのと車体の重さと維持費に苦労しました。なんだかんだで8年くらい乗っていました。

ローンも長く払っていました。この頃のぼくの二つ名は借金王で、他にもローンを組んでいたため多い時で月に借金を6万近く返済していましたね。手元に給料ほとんど残りませんし、残ったとしてもバイクにつぎ込んでいました。アホです。

#カワサキZZR1100D#バイク

Sat Simさん(@sat.simizu)がシェアした投稿 –

 

DUCATI M900S4

黄色に乗ってました。はじめての外車(イタリア車)、楽しいバイクでしたが中古のせいもあってか、よく壊れました。

加速感が楽しすぎて、初めてパトカーに追っかけられて捕まりました。

気に入っていましたが、ショップが信頼できず、2年で売却。命を預ける乗物ですので、ショップが信頼できないのはライダーにとっては致命的なのです。

#DUCATI#M900S4#バイク写真

Sat Simさん(@sat.simizu)がシェアした投稿 –

 

Kawasaki  ゼファー1100(ファイナル)

新車購入。火の玉カラーの限定生産品のためバイク屋さんが苦労して手に入れてくれました。

しかし、ぼくにとっては、いまひとつ楽しさにかけるバイクでしたね。

騒音規制や排ガス規制の影響なのか、とてもリッターバイクとは思えない乗りやすさでした。

2年乗った後、人生色々あって、バイクを降りる決心をして売却。

rimg0058

 

Kawasaki W650

バイクを一旦降りるも、バカは死ななきゃ治らないのです。

1年を待たずに10年落ちの中古を契約。身の丈にあった乗って楽しいバイクでした。

過去に所有したバイクの中ではダントツ一番の楽しさです。

R1に浮気して手放してしまいましたが…。2年間所有していました。今でも、もう一度乗りたくなりますね。

img_0435

 

YAMAHA YZF-R1(2012年式国内仕様)

新車購入です。デザインとクロスプレーンクランクシャフトとトラクションコントロールに惚れました。

車体が軽いのとあいまって、峠に行っても怖い思いをせずに済みます。技術の進歩を実感できます。ハイテクの極みです。

ぼくはこの広報写真で購入を決断しましたが、実車の印象は少し違います。ご購入をご検討されている方はご自身の目で購入前に実写を確認することをオススメします。

r1_002_1024

このR1を4年乗ったのちに、いろいろと思うところがあって現在は一旦バイクをやめています。バイクは好きですので、そのうちまた新しいのに乗るかもしれませんね。

ABOUTこの記事をかいた人

シミズサトル

動物写真家、ブロガーとして活動中。 属性は他に、博士(農学)、DTMer,ツーリングライダー歴30年。 【問い合わせ】Twitterアカウント宛にDM 願います。 【注意】野鳥の撮影場所についてのご質問はご遠慮願います。