VOCALOIDの調声:ディエッサー(DeEsser)で消えない歯擦音の処理方法




ボカロエディターのダイナミクスで歯擦音ノートの前側の音量を削ってやると解消できます。

オーディオデータを加工しても同じような効果はありますが、ボカロエディターの調声段階で加工した方がより自然になりました。

 

ボカロエディターで編集する場合

例えば、下の図では、「は」 の歯擦音が目立ってしまいDeEsserでも解決できませんでしたが、ボカロエディターのダイナミクスでノート前側の音量を大胆に削ることで解決しました。

49

 

オーディオデータで編集する場合

ポイントは問題となる「は」のノートのよりも前側から削ることです。歯擦音はノートよりも前から始まっていることがオーディオデータからもわかります(下の図)。

18

 

さいごに

ぼく自身、DAWでボカロトラックにラウド系のエフェクトをかけることが多く、ディエッサーで消えない歯擦音の処理に困っていました。

しかし、この方法で解決できることを最近発見しましたので、忘備録として書いておきました(笑)

 



ABOUTこの記事をかいた人

sim

動物写真家、ブロガーとして活動中。 属性は他に、博士(農学)、DTMer,ツーリングライダー歴30年。 【問い合わせ】Twitterアカウント宛にDM 願います。 【注意】野鳥の撮影場所についてのご質問はご遠慮願います。