Logic Xのピッチベンド調整

MIDIエディター画面の「表示」>「MIDIドロー」>「ピッチベンド」でピッチカープが書き込める画面が現れます。

ギターの打ち込みでグリッサンドやチョーキングなんかに使えますよ。

これはどういうシチュエーションで使うワザかというと、ギターのチョーキング、やグリッサンドなどの奏法なと音程が滑らかに変化するような場合に使うと便利です。

設定画面のスクリーンショットの全体像はこんな感じです。

10

小さくて見難いので、少し拡大したものを乗せておきます。

まずはピッチベンドのカーブを鉛筆ツールで書き込む画面を出すメニュー関係

40

その画面で書き込んだピッチカーブです。カーブを書き込んだら次のノートに移るまえにピッチを0に戻しておくのを忘れずに。

53

ABOUTこの記事をかいた人

sim(清水了)

動物写真家、ブロガーとして活動中。 諸々の閉塞感を打破するために、20年以上勤めた会社を40代半ばで辞めてフリーになる。 属性は他に、博士(農学:専門は微生物)、DTMer,ツーリングライダー歴30年。