見栄を捨てて大型バイクから250ccへ乗り換える

ロングツーリングにはYZF-R1の方が向いていると思いますが、気軽に乗れる鈍足なセロー250に乗り換え決定です。バイクとはもっと「気軽」に付き合って行きたいなあと思いまして…

 

YZF-R1のツーリング性能のすばらしさ

そう、趣味のツーリング、一日に走る距離は 150km〜400km、これを考えると、YZF-1の方がハッキリ言って楽だと思います。

排気量が大きいし、カウルが付いているので高速道路など非常に楽です。

加速も良いので追い越しも短時間で済むのでLowパワーのバイクと比べるとリスクが少ないです。

ハンドリングとエンジンも良く出来ているので、峠に行ってもツーリングペースでは怖いを思いしないですからね。

ただし、コレ、一日に長距離を走るという前提の話です。

だから、バイクに乗る日は「乗るぞー」という決意が必要で、それがちょっと重いのですよね。

まあ、大型バイクに乗っているのだから仕方のないことではありますが…

 

そしてセロー250に乗る動機

現状維持でも良いのですが、ぼくは常に未来を見ていたいので停滞を嫌います。

良いと思ったことは、とにかく実戦してみるのがポリシーなんです。

セローを選んだ動機は「気楽に乗れる身の丈に合ったバイク」です。

排気量は最初から250cc以下と決めていました。なんせセロー250と迷ったのがクロスカブ(125cc)ですから。

排気量250cc以下のバイクは車検もありませんし、エンジンオイル量も少ないので、経済的な負担が減るというのも大きいです。

バイクに乗るための経済的なハードルを最大限減らすことで、よりバイクライフを楽しめるようにするという目論見もあります。

 

大型バイクの半分は見栄でできている

大型バイクの半分は見栄でできていると思います。

特に外車なんかは90%ぐらいは見栄でできています(バイク屋の親父のセリフ)。その見栄の部分も含めてバイクライフを楽しんでいる訳です。

今回は、「見栄」と「経済的な負担による精神的負担の軽減」を天秤にかけた訳です。

皆さんなら、どちらを選びますか?

僕は「見栄」の部分をバイクライフからオミットすることにしました。そういう楽しみ方もアリではないかと。

セローは一日に長距離を一気に走り抜けるは苦手だと思いますが、そんな使い方をしなければロンツーもできますし、むしろ「そんな急がないツーリング」にあこがれています

R1ものんびりツーリングはできますが、この点ではさすがにセローの圧勝でしょう(笑)

あと、乗り換え動機のもう一つとして、「物に執着するのはやめよう」と最近考えており、身の回り品をどんどん整理しているというのもあります。

高級品を持つことは今時ダサい生き方なのかもしれません。これ、最近、読んでいる本「2035年の世界, 高城剛著」の一節です。

ロンドンのクリエイティブ・エージェンシーで仕事をしていた際、チームメイトからこう忠告された。 「お金持ちのクライアントと話すとき、車の話題はやめたほうがいい。いまどきマイバッハに乗って喜んでいるのは、中東かロシアの金持ちくらいなものだ。本当のお金持ちは、高級車の話なんかするヤツは、バカだと思ってるからさ。」
お金さえ払えば手に入る「高級車」や、限定的な「情報」について人前で自慢げに話す行為は、成熟した社会では恥ずかしい行為である。いくらお金を払っても、そう簡単には獲得できない教養や知識に裏支えされた会話こそが、その人の信頼につながるのは、情報を簡単に回覧できる時代に、ますます価値が高くなるだろう