iPadのサイズ選び・iPad Air とiPad mini 4のどっちを買うか?

iPadのサイズ9.7インチと7.9インチ、どっちを買ったらいいんだろう?

と散々悩み、iPad mini4の実物を見に行ってiPad Airから買い換える決心がつきました。

今は、Airの売却手続きとminiの購入手続きを済ませたところです。

「なぜ、miniの方を選んだのか?」その辺も含めまして購入動機をまとめてみました。

 

使用目的

今回はIPadAirを買った時と違って、使用目的がかなりハッキリしていますので長く使う前提で機種を選びました。

主な用途は読書(移動本棚)と音楽プレーヤーですので、ハードが壊れない限り使い続けることが可能です。

ちなみ、ぼくの実家では母が初代iPadをmailとインターネットのブラウジングに使い続けていて、特に不自由はしていないようです。なお、iOSは4のままですよー。

追記(2016年3月):実家の両親にはiPad Airを買い与えました。

 

iPad mini 4を選んだ理由とアクセサリーについて

それで今回、ぼくが注文しているiPad mini4のご紹介と選定動機などを書いておきます。

1.「Air」か「mini」か?

違いはディスプレイの大きさと可搬性です。

(1)可搬性

可搬性を重視するとiPad mini一択です。

画面が大きい方が快適なのですが、ベッドやソファーでごろ寝しながらですとAirでは重さで腕が疲れます。同じように外出先でも疲れます。

今回は外出先でも移動中に読書をしたいという願望がありましたのでminiにしました。

 

(2)ディスプレイサイズ

これについても下の理由でminiにしました。

・一般的な電子書籍(漫画も含めて)の読書 → miniで十分
・A4サイズの本 → Airでも字が小さくてつらい
・大きな画面を必要とするアプリ → 使う予定なし
・タイピング → 実行頻度少ない。なお、タイピングはAirの方がやりやすいと多くの方々がレビューしていますね。

 

2.ストレージ

128GBを注文しました。

ストレージについては後から増やせないため最大のものを選択しました。

電子書籍専用だとここまで使いきることは無いと思いますが、iPhone6の128GBの使用状況が下記とおりですので、128GBで正解かと思います。

大部分を占めていて、これからも増え続けるオーディオを管理すれば64GBモデルでも十分だと思いますが、用途が今後変化する可能性も考慮してやっぱり128GBかなと。

 

14
  • オーディオ 25.77GB 3121曲(DTMが趣味のため増える続けています)
  • ビデオ 4.23GB 9個(これは節約モードの数値ですのでフルで入れると跳ね上がります)
  • 写真 2.15GB 3016枚
  • アプリ 6.09GB 39本
  • ブック 93.3MB 28冊(Kindle等の電子書籍はiPhoneに全部を入れていません)
  • 書類とデータ 1.79GB
  • その他 5.14GB
  • 空き容量 69.16GB

 

3.色

スペースグレーです。

結構悩みましたが、iPhoneも昔は前面パネルが消灯時には真っ黒なタイプのみのラインナップでしたので、デザイン的にはそれがもっとも美しいのではないかと思いまして。

ベゼルブラックカラーがオリジナルっぽくてカッコイイという、見た目の問題です。

 

4.ケースはどうするか?

iPad mini 4 Smart Cover (チャコールグレイ )、いわゆるディスプレイ用のフタを注文中です。こんなのです↓
images-1
本体側も保護できるSmart CaseはiPad Airの時に使っていましたが。
images
しかし、コレ「重量と厚み増加」によりオリジナルの使用感を著しくスポイルしていましたので、今回は無しにしました。

サードパーティ製のケースはまだほとんど発売されていなくて検討できませんでしたが、軽量でデザインが良いものが発売されればゲットするかもしれませんね。

フタも必要なかったかもしれませんが、外出先でディスプレイ破損のリスクを減らすというのが一番大きな理由です。このフタをめくった状態で使うと滑り止めになるかなという期待もあります。

ディスプレイ保護フィルムは使わない派です。操作性がスポイルされる感じがしますので、iPhoneもiPadも貼っていません。iPhoneには貼っていたことがありましたが、結局剥がしました。

 

iPad Airの買取相場

最大買取価格は64GBモデルだと、だいたい2万円台後半のようです。

ぼくのApple純正Smart Caseで本体を保護していたせいか2年間の使用で無傷でした。高く買い取って頂けると嬉しいですね。今回はApple推奨の下取り店ではなくて、ソフマップに買取をお願いしました。

 

まとめ

iPad miniを選んだ理由は、読書端末として重さと大きさのバランスがiPadファミリーでもっとも適していたからですね。

創作活動はMacがあれば十分ですし、SNSやwebsiteのチェックもMacかiPhoneがあれば十分ですので。

 

【参考記事】

iPad mini4を1年使ったみた:重さ・サイズともに究極のiPadか!?

iPad mini純正Smart Coverは買いなのか?良い所と悪い所レビュー

ABOUTこの記事をかいた人

シミズサトル

動物写真家、ブロガーとして活動中。 属性は他に、博士(農学)、DTMer,ツーリングライダー歴30年。 【問い合わせ】Twitterアカウント宛にDM 願います。 【注意】野鳥の撮影場所についてのご質問はご遠慮願います。