iPadの使用目的って何?【iPad Air使用2年目のレビュー】




僕の場合、iPad Airを2年間使ってみて、用途は以下のように集約されつつあります。

使用頻度の高い方から順に下のようになります。

  1. 読書
  2. 音楽プレーヤー
  3. ツイッター
  4. Youtube・ニコ動

使用場所はほぼ部屋の中に限定されています。たまに出張に持って行く程度。

もともと用途が定かでない状態で、ただ「使ってみたいから」という理由で買ったiPad Airでしたが、2年間も使っていると、どんな用途が自分向きかわかってくるから不思議です。

何が言いたいのかというと、iPad miniの方がワタクシ向きなのではないかという…

用途は人それぞれだと思いますが、いろいろ試した結果がこれでした。

 

iPad Airを買った動機

タブレットをどのように生活に活用できるか見極めたい」というのが購入動機でしたので、ある程度は目的を達せられたかと思います。

その結果、明らかになった用途は上にも書いたように以下の4つです。

  1. 読書
  2. 音楽プレーヤー
  3. Twitter
  4. 動画試聴

「これだったらiPhoneで十分じゃない!」という声が聴こえてきそうですが、実際そのとおりです。

ただし、ディスプレイサイズが大きいタブレットは同じ用途あっても快適なのと、バッテリー残量を気にせず使えるというのが有り難いですね。

タブレット使用の快適さに拍車をかけているのは「老眼」です。

表示文字サイズは大きい方が疲労が少なくて済みますので、老眼の入った中高年には意外と重要なのです。

僕と同じ用途の場合には、若い方であればタブレットは必要ないですね。スマホで十分に代用できますから。

 

他に試したもの(用途)

上に書いた用途以外にも色々試してみたので、参考まで書いておきます。

音楽アプリ

趣味で音楽をやっていますので音楽関係のアプリはかなり買ってみました。

例えば、

  • Apple GarageBand
  • シンセサイザーアプリ3種類
  • ボカロソフトなど

これらは見事に使いこなせずSSDの肥やしとなっています。

難しい作業はパソコンの方が効率が良いからですね。

そんな作業は、移動中やパソコンのある屋内ではわざわざタブレットでする気が起きませんでした。

 

ネットの閲覧

たまにしかしません。やっぱりパソコンの方が断然快適ですから自然と使わなくなりました。

 

外でなぜ使わないのか?

単純に大きくて重いからです。

iPad Airなら軽いから外で使えると最初は思っていましたが、現実には持ちだしても使うことはほぼなかったです。

JRの中や路上でカバンから出して使うにはやはり大きさがネックで、「恥ずかしさと面倒臭さ」の相乗効果で外では自然と使わなくなりました。

この点はiPad miniだと克服できるような気がします。すごく試してみたいです。

 

結論

ということで、iPad Airが売れるうちにiPad miniに買い換えようかと思案中です。こんど現物を見に行ってから結論を出す予定です。

 

追記:iPad mini 4買いました

僕の中の結論ではiPadファミリーの3サイズ、12.9インチ、9.7インチ、7.9インチの中では、7.9インチサイズのiPad mini 4がベストチョイスでした。

何より軽いので長時間の読書でも手が全く疲れないところが凄いですね。

【参考記事】iPad mini4を1年使ったみた:重さ・サイズともに究極のiPadか!?



ABOUTこの記事をかいた人

sim

動物写真家、ブロガーとして活動中。 属性は他に、博士(農学)、DTMer,ツーリングライダー歴30年。 【問い合わせ】Twitterアカウント宛にDM 願います。 【注意】野鳥の撮影場所についてのご質問はご遠慮願います。