【巡音ルカV4Xの調声】最近DAWで使っているエフェクト【2015.7月】




ルカさんの調声作業の時にApple Logic Xで偶然良い感じになったエフェクトをご紹介したいと思います。

試行回数はまだ少ないですが、今のところ、これがベストのようです。

なお、歌声データベースは「Luka V4X Soft EVEC」を使っています。

今回、調教したルカさんの音源はこちら。

 

使っているエフェクトの概要

ミキサー画面のエフェクトの部分の画像です。各エフェクトの設定は基本プリセットから選んでいます。

Logic X標準のエフェクトの他にWaves社製のものも使っていますが、Waves社製エフェクトはWaves Goldのパッケージに含まれるものがほとんどです。唯一Vocal Riderのみ単体で購入しました。

インサートエフェクト

基本Logic Xの付属のものを使っています。Female Creamy Lead Vocalのエフェクトのセットです。

これにWaves社製のエフェクトを足しています。箇条書きにするとこんな感じです。

  1. Channel EQ
  2. DeEsser (waves)
  3. St-Delay
  4. Ensemble
  5. VComp (waves)
  6. L1 limiter (waves)
  7. MV2 (waves)
  8. Vocal Rider (waves)

 

センドエフェクト

はLogic X付属のもののみを使用しました。センド先は4つです。 使っているエフェクトは次の2つです。

  • Space D
  • TapeDelay

 

1.インサートエフェクト

では、インサートエフェクトについて順に説明していきます。

 

(1)Channel EQ(Logic付属)

Female Vocal Refreshのプリセットに変更してあります。このプリセットの効果は声に透明感がプラスされることです。

カーブは下の図のとおりです。

 

(2)DeEsser (m)(Waves社製)

使用しているプリセットはFemale Essです。プリセットまんまです。

51

 

(3)Compressor(Logic付属)

これはFemale Creamy Lead Vocalのエフェクト群の一つなのですが、そのままの設定使っています。

 

(4)Stereo Delay(Logic付属)

これもFemale Creamy Lead Vocalのエフェクト群の一つなのですが、そのままの設定使っています。

 

(5)Ensemble(Logic付属)

これもFemale Creamy Lead Vocalのエフェクト群の一つなのですが、そのままの設定使っています。

 

(6)VComp(Waves社製)

プリセットの中からRock Vocalを選びました。プリセットまんまの使用ですので、実はあまりコンプレッションがかかっていません。ですが、コレを差し込むだけで音が変わります。

02

 

(7)L1 Limiter(Waves社製)

Threshold = -3.0, Out Celling = -5.0に設定しました。

18

 

(8)MV2(m) (Waves社製)

Waves Vocal Riderの前に挿すと良くなるとの情報をゲットしましたので、使っています。プリセットの中からLoudを選択しました。

03

 

(9)Vocal Rider (m) (Waves社製)

Vocal Riderはボーカルトラックに挿すと自動的にいい感じのオートメーションカーブを書いてくれるプラグインです。

実際使ってみた感想は、全自動ではサビでボーカルがオケに埋もれがちになるので、ミックスはまじめにする必要があります。

僕はこのプラグインをボーカルを目立たせることを目的に使っています。

今回のような賑やかな曲ではいいのですが、静かな曲では逆効果になることもあるので使い方には注意が必要です。

設定は、プリセットの中からLoud Vocalを選び、プリセットの設定まんまの使用です。

06

 

2.センドエフェクト

リバーブを複数重ねて、Delayを1つだけ使いました。

 

(1)Space Designer (Logic付属)

リバーブです。

03.9sPrince Hall Oneのプリセットをそのまま使用で、センド量はー28.0です。

 

(2)Space Designer (Logic付属)

これはドラムトラックのセンド先なのですが、そこにもボカロトラックから送っています。効果のほどは?ですが…

0.7S Drum Plateのプリセットを使用し、センド量はー27.0です。

 

(3)Space Designer (Logic付属)

0.2s Long Ambienceのプリセットを使用し、センド量はー16.3です。

 

(4)Tape Delay (Logic標準)

1/8 Note Dottedのプリセットを使用し、センド量はー26.0です。

経験上、テープディレイの設定がうまくハマると、ボカロの声がいい感じにざらついて立体感が出てきます。

過去作で、テープディレイの設定がいい感じなったものを下に貼っておきます。ボカロはルカさんではありませんが…

 

さいごに

ざっと、設定をメモ書きというか忘備録的に書き出してみました。

経験上、PCへの負担は重くなりますが、ボカロ調教がうまくいかないときは、インサートエフェクトとして空間系のエフェクトを複数重ねると人間っぽく歌うようになることが多いです。

このような使い方は一般的ではありませんけど…

以上の設定で、ルカさんはこんな風になかなか良い感じになりました。

Piapro Studioの設定は別記事でご紹介したいと思います。

では



ABOUTこの記事をかいた人

sim

動物写真家、ブロガーとして活動中。 属性は他に、博士(農学)、DTMer,ツーリングライダー歴30年。 【問い合わせ】Twitterアカウント宛にDM 願います。 【注意】野鳥の撮影場所についてのご質問はご遠慮願います。