【日記】AppleストアでWatchとMacを見てきた話

リンク広告




Watchの発売日だったので、その見物と次期Macの下調べをしにAppleストア札幌に行ってきました。

 

1.Watch

バッテリーの持続時間の最大18時間と短いので、衝動買い(注文)をする恐れはないだろうと思って見てきました。やはり、店員さんに聴いてみたところ注文はできるけど納期は未定のようです。

(1)外観

現物は高級感があって間違って買ってしまっても後悔はしないかなという印象です。ただし、本体ケースの厚みは普段使っている時計の倍はあるので、嵩貼りそうです。本体厚みについては、あと2〜3年くらい待てば、もう少し薄くなりそうな気もしますね。

 

(2)バッテリー持続時間

最大18時間ということですが短すぎます。腕時計の代わりにはならないでしょう。

しかも余程の技術革新でも無い限りiPhoneやMacBookのように本体サイズの厚みは薄くなってもバッテリー持続時間が劇的に改善されることはないでしょうから、当分の間は実用レベルにならないといのが僕の予想。

 

(3)気になる機能

ぼくの場合、Watchの機能で物欲を刺激しているのは、iPhoneの音楽プレーヤーとしての機能を遠隔操作ができる点と万歩計などの健康モニタリング機能です。

外を歩きながら懐やズボンのポケットからiPhoneを出して操作というのはスマートではないし、落下・破損のリスクが気になるので、この機能のためにだけに買ってもいいかなと一瞬思ったりもしました。

しかし、価格を調べてみると一番安いモデルでも42800円もするのでコストパフォーマンスの点で二の足を踏んでいます。冷静になって考えてみると、音楽プレーヤーや万歩計機能がほしいのであれば、iPodタッチと万歩計単体を買った方が断然経済的だという結論に到達します。

現時点でのWatchを買うことの動機としては、ちょっと高級なおもちゃを買ってみたい的なものです。まあ、買いませんけど(笑)。

 

2.iMac 5K

次は老眼にやさしいMacが欲しいです。つまり、目が疲れないという意味です。

で、店頭で全機種を触ってみるとRetinaディスプレイを採用しているモデルであれば、文字サイズを大きく表示するようにディスプレイの解像度を変更してもクッキリと映ることが確認できました。

これ、Retinaモデルじゃないと拡大表示にすると字の輪郭がボケボケになってしまうのですよね。

後は画面サイズなのですが、店頭でLogic Xを起動して比べてみるとDTM用のメインマシンに使うにはMacBook Pro15インチかiMac 5K(27インチ)という結論に達しました(買いませんけど)。

直感的に「欲しい!」と思ったのは、表示領域の広いiMacでしょうか。

MacBookPro15インチは現物を目の当たりにすると結構デカくて重いのですよね。これを持ち運ぶ気にはきっとならないと思うので、モバイルするのであれば現状のラインナップであれば、iMac 5K+MacBookの組み合わせが欲しいですね(買いませんけど)。

 

3.MacBook 12インチ

MacBook Airより高級感があります。あの小さくて薄い筐体にRetinaディスプレイは魅力的です。

あくまでもサブ機という位置づけであれば性能の低さも許せますね。今のMacBookAirが壊れたら、MacBookを買います。

僕のMacBookAirは使用5年目で液晶表示が一部怪しくなっていますが限界まで使う予定です。結構、外に持ち出していますのでマシンストレスが大きいのかもしれません。最近はバイクツーリングにも持っていいきますし。

Appleストアのお兄さんにMacBookでLogic Xはストレス無く使えるかと質問してみたら、MacBook Proを薦められました。

メイン機とモバイル機を1台で済まそうとするのであれば、MacBook Pro13インチ辺りが候補になると思いますが、帯に短し襷に長しでぼくの場合は後々不満が出そうです。

しかし、うちのMacBookAir13インチ(Core2Duo、メモリ4GB、Late2010)でもLogic Xは動いていますので、現行のMacBookでも使えないことはないでしょうけど。

 

4.MacBook ProとMacBook Air

メインマシンの最小サイズとしては、MacBook Pro13インチもありかなと思いました。

性能的には、現在使用中の高性能なiMac(i7、メモリ32GB、late2012)でもDAWの動作が不安定になって落ちることは普通にありますから。

だから、マシン選びは単純にその時の経済状況でどの辺で妥協しても大丈夫そうです。つまり、どのマシンを買っても落ちるときは落ちるので、趣味の範囲で使用するのであればマシンに合わせた(負荷の少ない)ソフトウェア環境を構築して使えば良いのではないかと最近は考えてます。

なお、Appleストアのお兄さんはLogicとFinalCutProを使うのであればMacBook Pro15インチが良いと言ってましたが、MacBook Pro15インチは、iMac 5Kとそんなに値段が違わないのとモバイルするには大きすぎるので、僕的はMacBook Pro15インチは選択肢から外れました。

 

5.結論

長くなってしまいましたが、iMac 5K(i7)とMacBook(最下位モデル)の組み合わせが欲しくなりました。たぶんMacBook Airが先に壊れると思いますので、MacBookの導入が先になりそうです。iMacは後3年くらいは壊れないと思いますので、5Kがそのころスタンダードモデルになっていれば嬉しいですね。

Watchはたぶん当分の間は買わないでしょうね。Watchを買うより別な物に投資した方が幸せになれそうです(笑)。

では

関連コンテンツ_グーグルアドセンス



ABOUTこの記事をかいた人

sim

動物写真家、ブロガーとして活動中。 属性は他に、博士(農学)、DTMer,ツーリングライダー歴30年。 【問い合わせ】Twitterアカウント宛にDM 願います。 【注意】野鳥の撮影場所についてのご質問はご遠慮願います。