【ボカロ調教】マクネナナの調声【sakura/ニルギリス】




他の方が、どうやってボカロ調教をしているのかは気になるところだと思いますので、ぼくの事例を恥ずかしながらも公開するシリーズです。

ボカロエディターのPiaproStudioでは、子音分割、VEL、DYNのみで調声しました。DAWではエフェクトをいろいろ使っています。

マクネナナは素の状態では声がとても細いため、声を太く目立たせるように心がけたつもりです。

 

1.音源

(1)YouTube

 

(2)ニコ動

 

以下、簡単ですが「調教」に関する解説です。

 

2.制作環境

  • DAW:Apple Logic X
  • ボカロエディター:Piapro studio
  • VOCALOID:マクネナナ(V3)

 

3.調声方法

滑舌や不自然な箇所の修正はPiaproStudio(子音分割、ダイナミクス、ベロシティのみ)で、声作りはDAWで行いました。

PiaproStudioではダイナミクスのオートメーションを頑張って書きましたが、結局はDAWのコンプレッサーで潰してしまうので効果は薄かったようです。全体的な抑揚はDAWのトラック音量のオートメーション書きを頑張った方が効果が高いと思いますが、今回はしていません。

DAWのボカロのトラックは同じトラックを2つ作って、それぞれに違うエフェクトをかけました。それぞれ、クッキリした感じにしたトラックと、ゆったり目のリバーブがかかっているトラックです。

単一トラックで調声するよりも、違うトラック同士を混ぜた方がいい感じになるような気がしますので、最近はもっぱらコレばっかりです。

それぞれのトラックでは、Logic X標準搭載のVocalエフェクトセットをベースに使いました。

  • クッキリ目のトラック:Female Creamy Lead vocal
  • ゆったり目のトラック:Female Ambient Lead vocal

調声に使ったエフェクトと挿した順番は次のとおりです。基本的にはプリセットをそのまま使っています。

 

(1)インサートエフェクト

  • Channel EQ(Logic: プリセット:Female Vocal RefreshまたはFemale Ambient Lead vocal)
  • Comp(Logic:プリセット:Type R Vocal 02)
  • Stereo Delay (Logic: プリセット: LVocSlap)またはLimit(Logic: プリセットSoft limiting)
  • Ensemble (Logic: プリセット: LVocSlap)
  • DeEsser(Waves: スレッショルド:-21.7)またはSpace Ddesingner(リバーブ)(Logic: プリセット:1.7s Nice Hall)
  • L1+Ultramaxmizer(Waves: スレッショルド=-3.0、Out Ceiling=-5.1)または(Waves: スレッショルド=0、Out Ceiling=-5.0)

 

(2)センドエフェクト

Logic X 10.1.1のTape Delayのみです。

1/16 Note Dottedのプリセットをそのまま使いました。センドエフェクトとして使いましたので、送り量はー26。これを使うと声が少し電子音っぽくざらついて、いい感じになります。

 

(3)各エフェクトのスクリーンショット

一応、記録として載せておきます。各トラックとも挿した順番どおりです。

 

1)クッキリ目のトラック:Female Creamy Lead vocal

13 28 58 29 43 54

 

2)ゆったり目のトラック:Female Ambient Lead vocal

51 23 09 50 22 14

 

3)センド先

47

 

さいごに

このカバー曲はボカロの調声もミックスも比較的うまくいった方です。

しかし、ギターの打ち込み臭さがモロに出てしまっているので、そのうちギタートラックを専用音源Electri6tyで作ったものと差し替える予定です。

ボカロも気になる所がいくつかありますので、そこも修正予定。

では



ABOUTこの記事をかいた人

sim

動物写真家、ブロガーとして活動中。 属性は他に、博士(農学)、DTMer,ツーリングライダー歴30年。 【問い合わせ】Twitterアカウント宛にDM 願います。 【注意】野鳥の撮影場所についてのご質問はご遠慮願います。