NTT flets光の集合住宅向けVDSL回線の速度をさらしてみた

sim(@ssiR01)です。

フレッツ光のVDSL方式は、100Mbpsの回線を集合住宅の各戸で分け合うため回線スピードが遅いといわれています。

では、どのくらい遅いのか?

一日中、自宅で引きこもっている僕が測定してみたので結果を公開します。

契約を悩んでいる方の参考になれば嬉しいです。

 

集合住宅のBフレッツVDSL方式とは

上にも書きましたが、100Mbpsの光回線を集合住宅の各戸で分け合うかたちになるので回線速度は遅いと、契約時にNTTのお姉さんから言われました。

しかし、集合住宅の戸数が16戸以上の場合には月額契約料が安いのが特徴です。

僕の場合で、月2970円+プロバイダー料金です。キャンペーン期間中だと、最高月2500円くらいまで安くなるみたい。

詳しくはNTTのサイトでみて下さい。

 

回線速度の測定環境

場所は札幌市南区です。

うちの集合住宅は築古で高齢者世帯が多く、個数も40戸ととても多いです。

測定は、iPhone 6でRBB SPEED TEST – IID,Inc.を使って行いました。

僕の環境では、40世帯で100Mbpsを分け合うので、回線の実行速度はかなり遅いと予想していましたが、結果はそれほどでもなかったです。

結論から書くと、7ヶ月使ってみて、YouTubeをフルHDで再生してもストレスなく再生できるくらいのレベルで、不便を感じたことはありません

それでも、時間帯によって回線速度に違いがあったので、データを貼っておきます。

 

下の画像は速度測定に使ったアプリのスクリーンショットです。

 

VDSLの朝〜日中の時間帯の回線速度

下りが平均29.29Mbps上りが平均9.02Mbpsとそこそこのスピードが出ていました。

この回線速度は平日と週末を比べてもたいして変わりません。

このくらいのスピードだと全く不満がないです。

アマゾンブライムで動画を見まくっても、ストレスなく再生できますよ。

 

VDSLの18時から21時までの回線速度

1日のうちでこの時間帯が、一番回線スピードが落ちました。

どのくらい落ちたかというと、

下りが平均9.15Mbps上りが平均8.49Mbpsと、下りの回線速度が日中の1/3以下まで落ちました。

でも、この回線速度でも動画視聴やその他の作業に影響は全くありませんでしたよ。

 

平日と週末を比べた場合も違いはありませんね。

上りのスピードについては、日中の時間帯とほとんど変わりませんでした。

 

VDSLの21時以降の回線速度

この時間帯になると少し回線速度が回復しますが、日中ほどのスピードはでません。

下りが平均15.37Mbps上りが平均9.26Mbpsと、下りの回線速度が日中の1/2くらいです。

平日と週末を比べた場合は、週末の下りスピードが落ちてるような気がしますが、母数が少ないでハッキリとは言えないですね。

なお、上りのスピードについては、日中の時間帯とほとんど変わりませんでした。

 

さいごに

以上にように、僕の住んでいる集合住宅は、NTTが公式に遅いと言っているVDSL方式でも、実用上問題なく使えています。

夕方6時〜9までは回線速度は1/3程度まで落ちますが、それでも支障はありません。

おそらく、僕の住んでいる集合住宅は老人が多いため、インターネットヘビーユーザーが少ないことも影響していると推測されますね。

上り側の回線速度についてもう少し言及すると、

このVDSL方式の回線は、上り側はどんな条件でも10Mbps程度のスピードが出ています。

これが遅いのか速いのかというと、決して速くはありませんけど、僕がYouTubeやニコ動に動画を投稿したときには、このスピードでとくに不自由を感じたことがないのも事実です。

結論としては、僕の環境ではVDSL方式のフレッツ光でも問題なく使えていますし、不満を感じたこともありません。

蛇足になりますが、

NTT光の固定回線は速度制限もないため安心感があります。しかし、どこでも使えるモバイルWIFIにも興味が湧いているのも事実。

僕の場合、趣味のDTMのアプリがダウンロード販売だったりすることが多々ありまして、これに速度制限のあるWIFIが耐えられるのかが懸案事項となってます。

この問題がクリアできそうなら固定回線からモバイルWIFIに切り替えたいですね。

では


ABOUTこの記事をかいた人

sim(清水了)

動物写真家、ブロガーとして活動中。 諸々の閉塞感を打破するために、20年以上勤めた会社を40代半ばで辞めてフリーになる。 属性は他に、博士(農学:専門は微生物)、DTMer,ツーリングライダー歴30年。