オタク文化に興味のあるあなたにオススメする本3選

sim(@ssiR01)です。

最近のオタク文化は非常に洗練されていてエンターテイメントとしても完成度が高く、かつてはエンタメの花型であったテレビが色あせて見えるほどです。

そんなオタク文化に興味があるんだけど、手っ取り早く雰囲気を知りたい方におすすめの2冊と、10年以上に前に書かれたサブカルをテーマにした有名作家の小説1冊です。kindle版がありますので、スマホで気軽に読めますよ。

 

南極点のピアピア動画

ニコニコ動画界隈では有名な尻Pこと「野尻抱介」氏の書いたSF小説。そして巻末の解説はなんと株式会社KADOKAWA・DWANGO代表取締役会長の川上量生氏。

この小説では初音ミクや川上量生氏をモデルにしたキャラが登場します。内容は真面目なSF小説で読みやすいけど読み応えがあります。ラノベのような薄っぺらさはないですよ。

日本の次期月探査計画に関わっていた大学院生・蓮見省一の夢は、彗星が月面に衝突した瞬間に潰え、恋人の奈美までが彼のもとを去った。省一はただ、奈美への愛をボーカロイドの小隅レイに歌わせ、ピアピア動画にアップロードするしかなかった。しかし、月からの放出物が地球に双極ジェットを形成することが判明、ピアピア技術部による“宇宙男プロジェクト”が開始される……。ネットと宇宙開発の未来を描く4篇の連作集

サブカル文化の中心で輝きつづけている初音ミク界隈の雰囲気を知ることができます。短編集(ストーリーは繋がっている)ですので読みやすいですよ。ジャンルとしてはSF小説です。

 

アウトブレイク・カンパニー 萌える侵略者

こちらは暇なときに読むラノベです。内容はアニメ化されるだけあってエンターテインメントとして十分おもしろいです。オタク文化を学ぶには最適な一冊ですね。

富士の樹海はファンタジーな異世界に続いてた!? そんな非常識な状況に放り込まれたのは高校ドロップアウトの加納慎一。ラノベ作家とエロゲー原画師を両親に持つサラブレッド級おたくの慎一だが、特別な力は無い。持つのは『萌え』の知識、見識だけ。その慎一に課せられた任務は『萌え』の伝道! というわけで何がなんだか分からないまま、ハーフエルフのメイドさんや美幼女皇帝と親交を深めていくと、今度はテロが!?

『萌え』関係全般を網羅しています。読み物としても非常に面白いので、暇つぶしとしても最高ですよ。2014年12月の時点で11巻まで出ています。アニメ化もされましたので、ネットに情報はあふれています。

 

アキハバラ@DEEP

売れっ子作家「石田衣良」氏が書いた小説。ちょっと前の秋葉原のオタク達を扱った内容ですね。TVドラマ化・映画化されているだけあって面白いです。ただ上で紹介した2冊よりも内容はディープで暗めです。

社会からドロップアウトした5人のおたく青年と、コスプレ喫茶の超絶的美少女アイドル。感覚が鋭くてアンバランスな彼らが裏秋葉原で出会ったとき、インターネットに革命を起こすeビジネスが生まれた。6人の画期的なアイディアが、ネットの覇権を握ろうとする巨大資本デジキャピのオーナー社長の毒牙にかかる。さあ、おたくの誇りをかけた聖なる戦いがはじまった! TVドラマ、映画の原作としても話題沸騰の、長篇青春電脳小説。

ちょっと書かれた時期が古いので最近のオタク文化の参考にはならないと思いますが面白いの紹介してみました。読み物としてはなかなかです。アマゾンに書評がたくさんあるのでご興味のある方は参考されてはいかがかと思います。

ABOUTこの記事をかいた人

sim(清水了)

動物写真家、ブロガーとして活動中。
属性は他に、博士(農学)、DTMer,ツーリングライダー歴30年。
【問い合わせ】Twitterアカウント宛にDM
願います。
【注意】野鳥の撮影場所についてのご質問はご遠慮願います。