地下鉄で行ける北海道札幌市の公園の野鳥と野生動物まとめ

アニマルフォトグラファーのsim(@ssiR01)です。

札幌市は人口約200万人の北海道で一番の大都市ですが、公園が充実していて気軽に野鳥や野生動物に会うことができます。

この記事では、僕が1年間に地下鉄で行ける札幌の公園で会った野鳥と野生動物を紹介します。

“サル君”
野鳥や野生動物に会うコツや注意事項はあるのか?
“sim”
そうだね、朝10時くらいまでの時間帯が会える確率が高いね。

野生動物は人間が近づけば脱兎のごとく逃げるので、むやみに近づかないのが大事だよ。

あと、餌やりが禁止されている場合が多いから、その辺のマナーを守ることかな。

野生動物

札幌市内の公園では、エゾリス、キタキツネ、エゾモモンガなどが人気です。

エゾリス

エゾリスは通年、高確率で会うことができます。

“サル君”
餌付けエリアのエゾリスは至近距離で見れるけど、餌付けが禁止されているエリアが多いので注意してね。

キタキツネ

キタキツネは通年見かけることができます。

“サル君”
キタキツネはエキノコックスという怖い病気を持っているので決して触ってはいけないよ!

野鳥

シジュウカラの仲間

シジュウカラ、ヤマガラ、ハシブトガラ、ヒガラなどが一年を通してみられます。

シジュウカラ

ヤマガラ

ヒガラ

キツツキの仲間

オオアカゲラ、アカゲラ、コゲラは年中、ヤマゲラとクマゲラは運が良ければ会えます。

オオアカゲラ

アカゲラ

コゲラ

野鳥の中では警戒心が薄い方なので、比較的近くで見ることができます。

ヤマゲラ

シマエナガちゃん

野鳥界のアイドルとなったシマエナガちゃんも冬の間はよく見かける鳥さんです。

川の鳥

カワセミとキセキレイは4月〜9月くらいまで、ヤマセミは運が良ければ、カワガラスとカモの仲間はほぼ年中見れます。

カワセミ

“サル君”
北海道のカワセミは警戒心が強いので遠くから眺めるだけにしよう。

ヤマセミ

“サル君”
ヤマセミは警戒心が強いことで有名な鳥なので注意してね。

カワガラス

ツグミの仲間

冬の間に、ツグミ、トラツグミ、ハチジョウツグミなどがみられます。

ツグミ

トラツグミ

White’s Thrush/トラツグミくん 望遠端での背景ボケはFE100-400mmよりこっちの方が上です。引き伸ばしたときの解像感は高画素機にはかなわないですが、ガチピンで撮れればSNS投稿くらいではパット見で違いは判別できないですね。 と思ってましたが、上手い人の写真を見ると解像度と画質は全く別でしたので、今年は解像度よりも画質にこだわりたいと思います。 ISO 200, 300mm, ƒ/4, 1/640, -1.3 ev M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II #トラツグミ #野鳥 #野鳥倶楽部 #バードウォッチング #WhitesThrush #sapporo #japan #birdphotography #bird #wildbird #birdstagram #birdwatchers #birdlovers #birdextreme #birddogoftheday #bestbirdshots #pocket_birds #birdsofinstagram #eye_spy_birds #your_best_birds #allmightybirds #bird_brilliance #nature_brilliance #nuts_about_birds #nature_worldwide_birds #exclusive_wildlife #instagramjapan #tokyocameraclub #birds_adored

Satoru Shimizuさん(@sat.simizu)がシェアした投稿 –

ハチジョウツグミ

冬の鳥

冬になれば、レンジャク、ウソ、シメ、ミヤマカケス、マヒワ、アトリ、キクイタダキなどが高確率でみられます。

キレンジャク

ウソ

シメ

ミヤマカケス

キクイタダキ

その他

オオルリ、キビタキ、カワラヒワ、ヒヨドリなどもよく見られる鳥ですね。エゾフクロウやカシラダカも運がよければ公園でみられますね。

エゾフクロウ

ヒヨドリ

まとめ

以上が、僕が地下鉄で行ける札幌市内の公園で撮影できた野生動物と野鳥です。

ふだんは気にとめない野生生物ですが、都市部の公園で気軽に見ることができますので、たまには運動とヒーリングを兼ねてマナーを守りつつ撮影や観察に行ってみてはいかがでしょうか?

野生生物の観察はけっこう歩くのでいい運動になりますよ。

では