【体験記】札幌市とくとく健診/メリットとデメリット

札幌市の『とくとく健診』に行ってきたのメリットとデメリットをまとめます。

ちなみに『とくとく健診(特定検診)』は国民健康保険に加入している40歳以上の人がリーズナブルに受けることができる健康診断です。

“サル君”
『とくとく健康診断』は受けた方がいいのか?
“sim”
ぜったい受診した方がいいよ。

受診料もリーズナブルだし、検査項目オプションや病院を選べるというのも良かったかな。

今回、『とくとく健康診断』を受診して分かったことは次の4つです。

  1. 検診の受診券は無料で再発行してもらえる
  2. フルコースで受診しても安い!
  3. 胸部X線、胃・大腸検査は自費検査になる
  4. 問診が丁寧

 

受診券は無料で再発行してもらえた

『とくとく検診』の受診券は郵送時期は下のとおり。

出典:札幌市

僕の場合は受診券を紛失してしまいましたが、区役所の保険年金課給付係で無料で再発行してもらえました。

“sim”
実は検診のことをすっかり忘れていたところに、札幌市から3月中に『とくとく検診』を受けたら抽選でプレゼントが当たるお知らせが届いたので、慌てて受けてきたんだよね。

検診の1週間後に次年度の受診券が早速届いていたけど(笑)

“サル君”
来年度は早めに受診した方が賢明だな。

 

フルコースで受診しても安かった

『とくとく検診』はいくつか選択肢があって、下のメニューから選べます。

出典:札幌市

僕が受けたのは1700円のコースで、かかりつけ医の病院で付加検診(心電図)のオプションをつけて受けました。

“sim”
住民集団検診会場だと、流れ作業になるので問診が雑になるのは容易に予想できるよね。

だって、サラリーマン時代の検診がそうだったからな。

“サル君”
まあ、年1回の検診をケチっても仕方がないので、かかりつけ医の病院で検診を受けた方が賢明だな。

ちなみに『とくとく検診』の基本検査項目は下のとおり。

出典:札幌市

そして、僕がオプションでプラスした付加検診の検査項目は下のとおりです。

出典:札幌市

 

いくつかの検査は自費検査扱いになる

ただし、『とくとく検診』は、サラリーマンの検診では当たり前の「胸部X線、胃・大腸検査は自費扱い」になるという欠点もあります。

これらの検査は自己判断でオプションとして受診する必要がありますね。

“sim”
今回は胸部レントゲンをオプションで付けたよ。

お値段は1500円だった。

胃カメラ検査は昨年したからね。

“サル君”
胃と大腸は次年度の検診のときにオプションでするという判断ね。

 

問診がすごく丁寧だった

かかりつけ医で受診したお陰で、問診はすごく丁寧でした。

“sim”
今回は、問診で甲状腺が腫れていることが発覚して、「血液検査→数値異常→専門病院で受診」の流れがすごくスムーズだったよ。
“サル君”
集団検診だと、見逃されていた可能性が大きかったな。

 

検診の結果を聞きに行く必要あり

ただし、ちょっと面倒だなと思ったことは、検診の結果を受取に行く必要があるので、受診した病院に再度足を運ぶ必要あることです。

郵送で送ってくれてもいいのにとも思いましたが、料金が安いので仕方がないです。

“sim”
それに、医師から丁寧に結果を説明してもらえるのはメリットといえるかもしれないね。

 

まとめ

結局、『とくとく検診』でかった費用は、以下のとおり。

2300円=1700円+1500円(自費検査の胸部レントゲン)

“sim”
検診って、ふつうに受けると1万円近くかかるから、ずいぶんとお得でした。

というわけで、次年度からはこのリーズナブルな『とくとく検診』を真面目に検診を受診することにしました。

では

ABOUTこの記事をかいた人

シミズサトル

動物写真家、ブロガーとして活動中。 属性は他に、博士(農学)、DTMer,ツーリングライダー歴30年。 【問い合わせ】Twitterアカウント宛にDM 願います。 【注意】野鳥の撮影場所についてのご質問はご遠慮願います。