コスパな最高なAnkerのiPhone 8 plusケースと液晶保護フィルムのレビュー

アニマルフォトグラファーのsim(@ssiR01)です。

iPhone 8 plusの液晶画面の擦り傷隠しと、写真撮影時の落下防止用にAnkerのTPU素材のケースと液晶保護フィルムを買ったので写真でレビューします。

AnkerのiPhoneケースと保護フィルムの良い点は次の5点です。

  1. コスパが最高(安い!)
  2. 見た目が安っぽくない、上品
  3. 機能美(使いやすい)
  4. 汚れが見立たない
  5. 取り付け簡単

この記事では、これらのメリットとデメリットについて写真で解説します。

“サル君”
このケースと保護フィルム、ぶっちゃけどうだったの?
“sim”
iPhone画面の傷は隠せたし、ケース本体の質感と性能も満足だったよ。

これでそれぞれ1000円以下で買えるんだから、控えめに言ってもコスパは最高だと思う。

ケースと保護フィルムを購入した動機

購入動機1)液晶画面の擦り傷を隠したい!

僕のiPhone 8 plusは買ってすぐに、液晶表面に擦り傷がついてしまいました(下記記事参照)。

ショック!AirPodsのケースでiPhone 8 Plusの画面がキズついた!

この傷が光線の加減でけっこう目立つのと、こんなに簡単に傷がつくなら保護フィルムを貼らなくてはいかんということで、安価で信頼性の高そうな保護フィルムを探していました。

そしてAnkerの保護フィルム(1枚899円)を試しに買って装着したところ、

目論見どおり傷はまったく見えなくなりました。

“sim”
おそらく他メーカーでも同じ効果があると思うので、iPhone画面の擦り傷でお悩みの方は保護フィルムを試すことをオススメします。

 

購入動機2)写真撮影時の落下防止

iPhone 8 plusは10万円以上する高価なガジェットなので、外出時にケースを付けずに使うとかなり気をつかいます。

“サル君”
背面がガラス素材になって滑りくくなったとはいえ、側面は相変わらずアルミのマット仕上げでサラサラのツルツルなんだよな。

なので、カメラとして持ちやすく、屋外でも安心して使えるようにしたい!と常々思っていました。

Apple純正ケースは高すぎるので最初から却下し、サードパーティ製でデザインとコスパに優れたケースを探していたところ、Anker製ならお値段799円だったので、試しに購入です。

“sim”
さっそく外で使ってみたけど、見た目・機能性とも大変満足なお品でした。

TPU素材のため、やはり金属やガラスよりもグリップ感がしっかりしているので、持っているときの安心感が増しました。

 

1.コスパが最高

Ankerのケースで驚くのが値段の安さです。

  • ケース本体が799円(税込み・送料込み)
  • 保護フィルムが899円(税込み・送料込み)
“サル君”
この値段設定で利益がちゃんと出ているのか心配になるよな。

そして、デザインと性能も大満足な仕上がりでした。

つまり、かなりコスパがいいといえます。

詳細は下で説明していきます。

 

2.見た目が安っぽくない

見た目は、最高にシンプルでクールです。

余計なデザインが一切なく、ミニマリスト的な製品と言えるでしょう。

色もシックで落ち着いていて上品です。マット仕上げの半透明素材からから透けて見えるAppleマークやiPhoneロゴがカッコイイですよ。

 

3.機能美

ケース両脇に滑りにくい表面加工がされていて、さらにこの部分だけ細くなっていて持ちやすいです。

ボタン類の押しやすさは、Apple純正ケース以上です。

当然、ライトニング端子もケースと干渉しません。

ただし、ミュートボタンのみ操作しにくくなりました。くり抜き形式なので仕方ないです。

“sim”
むしろ、誤ってミュートを解除してしまう心配がなくなったので、僕はこの仕様の方が好きだな。

他によかった点は次のとおり。

  • 背面がグリップ素材に覆われたので、机に置いた時に滑って落下する心配がなくなる
  • カメラレンズ部分がケースの隆起で保護されているため、机に置いた時に背面カメラのガラス面を傷つける心配がなくなる

 

4.汚れが見立たない

このケースの色は、ブラウンがかったグレーのマット仕上げなため、汚れが付着しにくく、目立たちません。

“sim”
元々の値段が安いので汚れても心理的ダメージは少ないけど、キレイに使えるに越したことはないからね。

 

5.取り付け簡単

まず、ケースの取り付けはTPU素材ということもあり、無造作にはめるだけです。正式なハメ方はパッケージ裏に書かれています。

保護フィルムの取り付けは、日本語取説のお陰で簡単にできます。

保護フィルム貼り付け用の付属品も至れり尽くせりです。

 

デメリット

でも、短所もいくつかあるので、リストアップしておきます。

  1. ケースが肉厚(1〜2mm)で、もともとのスリムさがスポイルされる。結果、一回り大きくなるので、人によっては持ちにくく感じるかも
  2. 保護フィルムが分厚く、iPhone前面をすべて覆うタイプではないために、操作中に引っかかりを感じることがある。
  3. 音声ミュートボタンが操作しにくい

 

まとめ

以上、iPhone 8 plus用に買ったAnkerのケースと保護フィルムのレビューでした。

まとめると、これらのメリットは以下の5点です。

  1. コスパが最高(安い!)
  2. 見た目が安っぽくない、上品
  3. 機能美(使いやすい)
  4. 汚れが見立たない
  5. 取り付け簡単

お値段安めで、コスパのいいiPhoneケースと保護フィルムをお探しの方にはオススメです。

繰り返しになりますが、お値段なんと1000円以下で買えてしまいます。

  • ケース本体が799円(税込み・送料込み)
  • 保護フィルムが899円(税込み・送料込み)

では

ABOUTこの記事をかいた人

シミズサトル

動物写真家、ブロガーとして活動中。 属性は他に、博士(農学)、DTMer,ツーリングライダー歴30年。 【問い合わせ】Twitterアカウント宛にDM 願います。 【注意】野鳥の撮影場所についてのご質問はご遠慮願います。