ギター音源 ELECTRI6ITY:入力した音階(ノート)のとおりに演奏してくれない時のトラブルシューティング




ギター音源 ELECTRI6ITYを使った打ち込みで、まったく同じフレーズ・MIDIデータの繰り返しなのに小節ごとに違う弦で演奏される現象に困り果ててしまいました。

そこで日本販売代理店のクリプトンさんに相談して解決方法を教えて頂いたので書いておきます。こんな初心者に懇切丁寧に対応して下さったクリプトンさん、ありがとうございます!

 

1.トラブルの症状

下の図のとおりで、まったく同じフレーズが連続しているのに、違うフレッドの違う弦がピッキンされて、音のトーンが違ってしまう現象です。ちなみにこれ、初期設定なのです。

07 39

 

2.解決方法

クリプトンさんに教えて頂いた解決方法は次の3ステップです。この設定変更で問題はすべて解決しました。

  1. 画面下のタブから「Setting」を選択する
  2. SettingのプルダウンメニューからStringsを選択する
  3. String/Section/AutoをStatic Simpleにする

 

08

 

クリプトンからの補足説明

クリプトンさんからは次ようなアドバイスもいただきましたので、その引用を載せておきます。

“Strings / Selection /Auto”欄は、演奏に使用する弦の選択に関する設定となっています。Dynamic が選択されている場合は、演奏中のフレーズと運指によってELECTRI6ITY 独自のアルゴリズムで次のノートを演奏するポジションが選択されます。

今回の場合は、1小節目のD4 を1 弦10 フレットで演奏したことにより、2小節目移行はそのポジションからもっと近いG3 のポジション(3 弦12 フレット)に移行した状態です。

Strings / Selection / Auto”欄でStatic Simple、Static Default、Static Enhanced を選択すると、今回のような同じフレーズが繰り返される場合に、同じポジションで演奏が行なわれます。

※使用するポジションはStatic Simple、Static Default、Static Enhancedで全て異なります。

尚、”Strings / Selection / Auto”の設定切り替えでフレーズの再現が難しい場合や、Static Simple、Static Default、Static Enhanced のどれを選択しても使用するフレットがご希望とそぐわない場合などは、一音ごとに演奏する弦を指定いただくことで演奏が可能かと存じます。”string/selection”欄の設定を操作することで、入力された音階(ノート)を演奏する弦を指定することが可能です。

 



ABOUTこの記事をかいた人

sim

動物写真家、ブロガーとして活動中。 属性は他に、博士(農学)、DTMer,ツーリングライダー歴30年。 【問い合わせ】Twitterアカウント宛にDM 願います。 【注意】野鳥の撮影場所についてのご質問はご遠慮願います。