ビットコインの暴落と今後の買い時について考えてみた:ミスった話と教訓

アニマルフォトグラファーのsim(@ssiR01)です。

みなさん、儲かってますか?

ビットコインがsegwit2xフォーク回避後に暴落をはじめました。

いわゆる買い増しのチャンス到来です。

この記事では、僕が計画しているビットコインの買い増し時期今回の騒動で学んだ教訓についてまとめました。

参考にしたビットコインの価格変動予測

僕が参考にしている情報はこちら。


今現在も相場は動いてますが、概ね上の予測に沿っているように見えます。

で、この予測によると、

  • 1番底は65万円
  • 2番底は52万円

僕はこの予測に基づいて買い増しを段階的にスタートしました。

“sim”
中長期的なトレンドをある程度予測できないと、怖くて買えないということが今回よくわかった。

ビットコインキャッシュの高騰・暴落はイレギュラーなので無視

昨日、ビットコインキャッシュの暴騰と暴落が短時間で起き、その影響でビットコインの相場もかなり乱れました。

その結果、相場の解釈と買い増し判断に迷いが出てしまいました…orz

“sim”
突然、ナイアガラような暴落が来たので焦ったよ!
ビットコインキャッシュの暴騰暴落イベント

ですが、実際はその後も1番底へ向かう暴落は続いていたので、上の予測に沿った動きと解釈しました。

“sim”
これを見抜くまでは、買うべきか買わざるべきか、相当悩んだよ。
ビットコインの暴落トレンド

1番底の買い増し

ということで、まずは一番底付近でビットコインの買い増しをすることにしました。

しかし、実際はビットコインキャッシュの相場急変動のお陰で、一部判断をミスって買ってしまいました。

最初はビットコインキャッシュの暴騰・暴落イベントを一番底と勘違いして、相場が上がる前に「70万円ラインで妥協して買っておくか」な気分になってしまったのです^^;

“sim”
今までも、買い時を何回も逃してきたからね。

ということで、70万円ラインで少し買ってしまいました。

BTC買い増し1回目

その後、上に書いたようにチャートをよく分析した結果、一番底はまだ先で、価格もまだ下がると予想することに。

その結果、底予想の65万円で指値買いがうまく行きました。

その後、底を打ったことが決定的になったようです。

2番底での買い増し

52万円が2番底の予想なのですが、とりあえず60万円のラインで買うことができればラッキーと思っています。

なので、あまり欲張らず近くなったら60万円くらいで指値注文を入れる予定です。

今回の騒動で学んだ教訓

土日の入金は事前に経験しておくべき

今回、予想よりも早く休日に相場変動が起きたので、取引所への入金に手間取ってかなり焦りました^^;

なので、日頃から休日振込などの手続きに慣れておけばよかったと激しく後悔しました。

余計なトラブルと焦りは判断ミスを誘発しますので…

“サル君”
実際、振込手続きをしている間に最高の買い場を逃したものな。

日頃からトレードしていないと買い時・売り時がわからない

日頃から、小額でもいいのでトレードに慣れておかないと、実際に絶好の買い場が来たときにチャンスを最大限に活かせないということも、今回身をもって体験しました。

“sim”
かりに振込が間に合っていたとしても、トレード経験が浅いから、どの金額で買うべきか正確な判断はできなかったと思う。

だから、小額のFXトレードで日々感覚を鍛えようと思った。

FXのテクニカルは勉強しておくべき

今回は他人の相場予想を当てにしましたが、自分で分析・判断できることに越したことはないです。

“sim”
実際にチャートを眺めて身銭を切りながらだと、FXテクニカル分析の勉強もすごく捗ったよ。
“サル君”
実戦だと、緊張感が違うからな。

ちなみに、僕が勉強中の参考書は下の本です。

どこのチャートが自分とって見やすいか?

あわせて、どのチャートが自分にとって見やすいのかも、予め把握しておいた方がいいです。

僕の場合はつぎのような感じでした。

  1. 【GMOコイン】(一番見やすい、テクニカルも!)
  2. coincheck(中期のトレンドを読みやすい)
  3. bitFlyer(見にくい!、使い方がわかりにくい!)

この記事で使っているチャートはcoincheckのものです。

GMOコインのチャートは下のような感じです。

移動平均線はもちろんのこと、一目均衡表も見やすいですよ。

まとめ

以上、ビットコイン買い増しについての計画と、今回の騒動で得た教訓について書いてみました。

今回学んだ一番大きな教訓は、

仮想通貨のトレードで大きく儲けるためには、FXの勉強が必須だということです^^;

今までは「FX=胡散臭い」と思い込んでましたが、これからは心を入れ替えます(笑)

では

ABOUTこの記事をかいた人

sim(清水了)

動物写真家、ブロガーとして活動中。
諸々の閉塞感を打破するために、20年以上勤めた会社を40代半ばで辞めてフリーになる。
属性は他に、博士(農学:専門は微生物)、DTMer,ツーリングライダー歴30年。