札幌野鳥日記(11月5日)キレンジャクの群れ飛来

アニマルフォトグラファーのsim(@ssiR01)です。

日課の野鳥撮影で、今年はじめてキレンジャクの群れと遭遇したのでログを残しておきます。

キレンジャクとヒレンジャク

“sim”
尻尾と羽に赤い差し色が入っているのはヒレンジャクで、黄色なのがキレンジャクね。

つい最近まで知らなかったわ。同じ鳥だと思ってた^^;

“サル君”
下の写真はヒレンジャクね。

キレンジャクの群れ来襲

“sim”
ヒレンジャクが2〜3羽でいるのは10月下旬から見かけていたけど、キレンジャクの群れと遭遇したのは今年はじめてだよ。


“sim”
20〜30羽でキレイに編隊飛行している鳥がいるな〜と眺めていたら、近くの木に止まったんだよね。よくみたら、キレンジャクの群れだった。

絵になるキレンジャク

この鳥、色合いがキレイで、形も独特なのでうまく撮れば絵になります。

“sim”
でも、高い木が好きみたいで、なかなかいいポジションで撮らせてくれないね。渡ってきたばかりで、警戒心が強いのかもね。

“sim”
今日は2回群れと遭遇したけど、警戒心が薄いのは早朝。

でも曇りだと光が足りなくなくて、イマイチな写真しかとれなかったよ。

ここに載せている写真は明るくなってきた朝9時過ぎに撮った写真ね。

 

まとめ

まだ、キレンジャクとヒレンジャクの納得のいく写真は撮れてません。

背の高い白樺にとまっている時間が長かったですが、たまに背の低いにナナカマドに移って実を食べるので、僕はそこを狙って撮るつもりです。

でも、背景が良くなかったり、枝かぶりだったり、光線の方向が良くなかったりと、今はまだベストポジションを探っている段階ですね。

では

ABOUTこの記事をかいた人

sim(清水了)

動物写真家、ブロガーとして活動中。
諸々の閉塞感を打破するために、20年以上勤めた会社を40代半ばで辞めてフリーになる。
属性は他に、博士(農学:専門は微生物)、DTMer,ツーリングライダー歴30年。