10月中旬の札幌真駒内公園:野鳥・動物撮影ダイジェスト

アニマルフォトグラファーのsim(@ssiR01)です

2017年10月の中旬終了ということで、毎朝出撃している札幌の真駒内公園の撮影記録をまとめておきます。

撮影に出撃した回数は、10/11〜10/20の間で5日間でした。

今回は旅行などで留守が多く出撃回数少なめです。

はじめに要約をザックリ書いておくと、こんな感じです。

“sim”

真駒内公園で有名どころのヤマセミは、前回に引き続き、写真はおろか目撃すらできなかった…orz

ヤマセミは週1くらいで目撃談はあるけどタイミングが合わなかったな。

そのかわり、他の野鳥も少なめだけど、冬の鳥の目撃談が耳にするようになったよ。

ちなみに、10月中旬に見れたのは、野鳥6種とエゾリスのみ。

  • カワガラス
  • シジュウカラ
  • ハシブトガラ
  • ヤマガラ
  • ミヤマカケス
  • マガモ
  • キジバト(写真なし)
  • エゾリス
“サル君”
詳しくは下を読んでね!

撮影ダイジェスト

今回はあまりまともな写真が撮れてませんが、その中からいくつかご紹介します。

わりとキレイに撮れたマガモくん

最近よく見るカワガラスのつがい

今年初見のミヤマカケス

エゾリスの飛びもの

冬装備を揃える

10月中旬に入って寒さも厳しくなってきたので、思い切って野鳥用のウィンターウェアを揃えました。

使用レビューなどは、おいおいしていく予定です。

10月の野鳥用の服装としては、下のような感じです。

  • アウターレイヤー:ハードシェル上下
  • ミドルレイヤー:上はフリース、下はナシ
  • ベースレイヤー:メリノウール中厚手を上下を2枚重ね
  • 防寒手袋は必須アイテムです。

まとめ

今回は、過去最高に写真を撮らせてもらえなかったような気がします。

ヤマセミについては3週間ほど姿を見ていないので、出現する時間帯が変わったのかもしれませんね。

季節の鳥については、シマエナガやメジロの目撃談を耳にするようになりましたので、その辺りも10月下旬に期待したいと思います。

ミヤマカケスも証拠写真レベルではなく、ちゃんとした写真を撮りたいところです。

では

撮影機材(おまけ)

世界最小最軽量の野鳥撮影システムを使っています。

いわゆるオリンパスのマイクロフォーサーズ・ミラーレスカメラです。

ABOUTこの記事をかいた人

sim(清水了)

動物写真家、ブロガーとして活動中。
諸々の閉塞感を打破するために、20年以上勤めた会社を40代半ばで辞めてフリーになる。
属性は他に、博士(農学:専門は微生物)、DTMer,ツーリングライダー歴30年。