仮想通貨の投資実験、運用5ヶ月目の成績/元本48万円のゆくえ

アニマルフォトグラファーのsim(@ssiR01)です。

この記事では僕の仮想通貨の投資運用の実績を紹介します。

2017年10月現在で、実験5ヶ月目です。

現時点での成績は、投資元本48万円に対して、含み益14.5万円です。

予定では少なくとも2020年頃までモニタリングを続けて、その頃の状況をみて良さげならさらに実験継続のつもりです。

“sim”
今のところは順調に運用できている。

高値づかみしたリップルの評価額が30円以上をキープしてくれれば、運用益も安定するといったところだね。

“サル君”
詳しくは下を読んでね。

ポートフィリオと運用益

僕の場合の仮想通貨投資実験のポートフィリオは下のとおりです(2017年10月現在)。

今はXRP(リップル)多めですが、BTC(ビットコイン)の積立投資と暴落時の買い増しをコンスタントに続けているので、そのうちBTCメインになる予定です。

仮想通貨ポートフィリオ

運用益は下の表のとおりで、投資元本48万円に対して含み益が約14.5万円出てます。これは先月とほぼ変わりない数字ですね。

仮想通貨運用成績

僕の運用方針は、短期的なトレードはせずに、底値で買ってひたすらホールドし続けるスタンスです。だって、相場変動を読む技術がないので、下手にトレードすればカモにされてしまいますからね。

ここまでが概要で、それぞれの仮想通貨については下で解説していきます。

 

ビットコイン(BTC)

ビットコイン(BTC)は仮想通貨界の基軸通貨で、なんだかんだいって投資の対象としては一番強くて堅実な印象ですね。

僕の投資スタンスとしては、『今のうちから少しずつ買い込んでいって、とりあえず増やしておきたい』くらいな感じでゆるく運用しています。

とはいいつつも、欲を出さずに堅実に買い増ししているので運用益は一番多いです。

元本約17万円に対して、含み益が約10万円です。

僕のビットコインの買い方は次の2パターンです。

  1. 大暴落時に底値で買う
  2. 積立投資

ココらへんの買い方は過去記事↓に書いたので、詳しくはそちらを参照してください。

【関連記事】初心者が失敗しない仮想通貨の買い方/少額長期運用の方法

僕の具体的な買い方をザックリと書いておくと、下のような感じになります。

  1. 初心者にうちはcoincheckで簡単に買う
  2. 慣れてきたらbitFlyerの取引所で指値注文
  3. Zaifの積立投資(毎月1万円)

ちなみにZaifの積立投資も運用3ヶ月目で、元本31396円に対して、含み益11037円と悪くない成績が出てます。

 

リップル(XRP)

XRPを発行しているRipple社は「価値のインターネット」を目指していて、Googleが出資しています。XRP自体は国際送金に特化した仮想通貨です。

投資の動機としては安いから買ってみたというのが本当のところですが、伸びしろが一番高そうなので密かに期待しています。

肝心に運用成績については、僕が初心者のころに高値つかみをしたせいで投資額のわりに運用益が出ていません…orz

約20万円投資して、含み益がたったの2600円です^^;

やはり、『悲鳴で買って、歓喜で売る』という投資の鉄則は伊達ではないです。

リップルの買い方ですが、最近は『底値で買う』を徹底しています。

ちなみに僕の具体な買い方としてはcoincheckで買っています。国内でXRPを簡単に買えるのはcoincheckだけなんですよね。

 

イーサリアム(ETH)

イーサリアムは、評価額2位の仮想通貨でビットコインの弱点を改良した第二世代の仮想通貨です。

僕の投資スタンスは少しくらいは持っておこうかなくらいで、ETHには実はあまり興味がないです^^;

興味がないだけに冒険もしておらず、

投資額8.3万円に対して、含み益1.7万円と堅実な運用益が出ています。

僕の買い方は、大暴落時に底値付近を狙って買うを徹底していますが、今後買い増す予定はありません。

具体的な買い方としては、次の2つです。

  1. 初心者にうちはcoincheckで簡単に買える
  2. 慣れてきたらbitFlyerの取引所で指値注文

僕はひたすらbitFlyerの取引所で指値買いしてましたが、BTC建てで買う必要があり面倒なので、coincheckで買うのをオススメします。

買値もさほど変わりませんしね。

 

NEM(XEM)

NEMは安いから買ってみただけで、実はほとんど興味ないのない仮想通貨です。

これもたまたま安いに買ったため、運用益はずっとプラスです。

投資元本約3万円に対して、含み益は1.8万円と悪くない成績がでていますが、そもそも興味がないので買い増しの予定もありません。

NEMはZaifが力を入れてる仮想通貨なので、買い方として次の2パターンが賢明でしょうね。

  1. Zaifで暴落時に買う
  2. Zaifの積立投資(毎月1万円)

僕は、初心者にうちにcoincheckで買ったきり、買い増してませんけどね^^;

 

ビットコインキャッシュ(BCH)

これはビットコインのハードフォーク(分裂)後に、BTC保有者に同額分を無料で配布された仮想通貨です。

なので、まったくまじめに運用するつもりがなくて、経時変化をモニタリングするためだけに保有しています。

ちなみに、投資元本0円に対して含み益3355円です。

 

ハードウォレットを買った

僕の仮想通貨への投資額も気がつけば総額50万円に届こうとしているので、ハードウォレットをついに買いました。

僕の買ったハードウォレットは、『レジャー・ナノS』です。リップルも保管できるものを探していたら、この機種になりました。

この『レジャー・ナノS』はリップルの他に、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュが保管できます。しかし、NEMは保管できません。

現在は仮想通貨の半分をこちらに保管しています。

 

税金のはなし

9月に国税が正式に仮想通貨の運用益を雑所得扱いすると発表したおかげで、ネット上で喧々諤々とその解釈について議論されています。

が、実際の事例が出て来るまでは正直よくわからないというのが実情です。

僕はもともと短期で利確・損切りする予定はないのでそのままホールドです。下手に利確すると税金対応が面倒なので^^;

 

まとめ

以上、2017年10月現在の仮想通貨の投資実験の状況を紹介しました。

今後は、毎月なるべく、自己分析も兼ねて運用実験の成績をブログにアップするようにしようと考えてます。

仮想通貨投資に興味のある人の参考になればうれしいですね。

では

ABOUTこの記事をかいた人

sim(清水了)

動物写真家、ブロガーとして活動中。
諸々の閉塞感を打破するために、20年以上勤めた会社を40代半ばで辞めてフリーになる。
属性は他に、博士(農学:専門は微生物)、DTMer,ツーリングライダー歴30年。