8月下旬の札幌真駒内公園:ヤマセミ・カワセミなどの野鳥撮影

アニマルフォトグラファーのsim(@ssiR01)です。

2017年8月の下旬終了ということで、毎朝出撃している札幌の真駒内公園の撮影記録をまとめておきます。

はじめに要約をザックリ書いておくと、こんな感じでした。

“sim”

8月下旬に撮影チャンスが一番多かったのカワセミ。

ヤマセミは警戒心が強まっていて撮影がきびしかった。

この記事では、とくにその辺を詳しくまとめたよ。

他にはエゾリスとの遭遇率が高かったかな。

ちなみに、8月中旬に撮影できたのは、次の野鳥14種と野生動物2種。

  • カワセミ
  • ヤマセミ
  • キセキレイ
  • オオアカゲラ
  • アカゲラ
  • コゲラ
  • コサメビタキ
  • シジュウカラ、ハシブトガラ、ヤマガラ
  • キジバト
  • カワガラス
  • ヒヨドリ
  • カモメ
  • エゾリス
  • キタキツネ
“サル君”
詳しくは下をよんでね!

ヤマセミ

“サル君”
8月下旬は、ヤマセミ撮影の調子はどうだったんだ?
“sim”

目撃できたのは10日間出撃して、3日間。

撮影できたのはそのうち2日間だったよ。

“サル君”
で、どんな写真が撮れたんだ?
“sim”

まともな写真は2枚だけかな。

しかも、遠くから撮ったので雰囲気だけって感じだよ。

一番うまく撮れたのが下の一枚だったけど、カメラの設定を最適化する時間はもらえなかった。

“sim”

もう一枚が、コレ。

ピントもAF任せだったので、ガチピン来てるか自信ない。

“サル君”
他には、どんな写真が撮れたんだ?
“sim”

他は、木陰に入ってしまったので記録写真的なものしか撮れてない(下の写真)。

やっぱり光がある程度は当たってないと、まともな写真は撮れないな。

“sim”

ヤマセミに関しては、やたらと警戒心が高まっている印象を受けたな。

とにかく人前に姿見せている時間が短かったよ。

飛び出してきても、すぐに木陰に入ってしまって見えなくなっちゃうんだ。

“サル君”
警戒心が高まったのには、なんか理由があるのか?
“sim”

鳥見の先輩の話では、2羽いるうちの1羽が猛禽類に食べられてしまったらしいんだ。

8月に入ってから、ヤマセミが人前に姿を見せなくなったのはそれが原因じゃないかって噂だよ。

カワセミ

“サル君”
8月下旬のカワセミ撮影の調子はどうだったんだ?
“sim”

ほぼ毎日、カワセミの姿をみることができたし、写真も撮れてた。

とくに幼鳥の警戒心が弱くて、一箇所に長時間いる傾向があったよ。

“sim”

ただし、被写体までの距離が遠すぎたり、光線の具合が悪かったりで、納得のいく写真は撮れてない。

撮影技術が未熟なこともあって、せっかくのシャッターチャンスを活かしきれなかったのが残念だったな。

“サル君”
やっぱり、カワセミの撮影は難しいんだな。
“sim”

うん、鳥の色がきれいなだけに、その辺をうまく撮れないと残念な感じの写真になってしまうな。

僕がお手本にしている写真家の作例を下に載せたけど、フルサイズ+大砲レンズ+ブラインドの条件であれば、たぶんこのくらいは鮮明な写真が撮れる気がする。

“サル君”
おお、これがカワセミ本来の色なんだな。
“sim”

まあ、僕のシステムだと、ここまで鮮明な描写はムリだけど、せめて色くらいはうまく出せるようになりたいね。

その他の野鳥と野生動物

“sim”

他にも比較的、キレイに撮れた写真も載せておくよ。

キセキレイ

“sim”

キセキレイの写真はたくさん撮ったけど、カワセミと一緒で近くで撮ることができないんだよね。

それで、鮮明なポートレート写真はあきらめて、風景の一部として撮るようにしたんだ。

その方法でいい感じに撮れたのが下の写真。

コサメビタキ

“sim”

たまたま水浴びに来ていたの撮れたのが下の写真。

エゾリス

“sim”

8月下旬はエゾリスをよく見かけたし、何回かは至近距離で撮らせてもらえたよ。

反省点としては、C-AFを使いこなせていれば、もっと多彩な写真が撮れたはず。

リスを撮るときは、餌を食べている時以外はC-AFがデフォルト設定の方がいいことが実感できたよ。

まとめ

“サル君”
じゃあ、まとめ行ってみよう!
“sim”

野鳥の姿が全般的に少ない分、カワセミ、ヤマセミ、キセキレイあたりが狙い目という結論も前回と同じだったよ。

では

撮影機材(おまけ)

世界最小最軽量の野鳥撮影システムを使っています。

いわゆるオリンパスのマイクロフォーサーズ・ミラーレスカメラです。

ABOUTこの記事をかいた人

sim(清水了)

動物写真家、ブロガーとして活動中。 諸々の閉塞感を打破するために、20年以上勤めた会社を40代半ばで辞めてフリーになる。 属性は他に、博士(農学:専門は微生物)、DTMer,ツーリングライダー歴30年。