仮想通貨の少額投資!NEM投資元本3万円の行方

アニマルフォトグラファーのsim(@ssiR01)です。

趣味の仮想通貨投資で、アルトコインNEM(ネム)の運用状況をまとめておきます。

投資元本は2017年8月現在で3万円です。

“サル君”

ぶっちゃけ、NEMへの投資は儲かっているのか?

“sim”

まったく期待せずに買ったNEMだったけど、それが儲かっているんだよね。

5月に3万円分買って、今は約59000円になってるよ!

約1.9倍に増えたんだ。

NEM(ネム)とは?

“サル君”

ところで、ネムって、どんな仮想通貨なんだ?

“sim”

NEMはPoI(Proof-of-importance)という仕組みを使っているのが特徴だよ。

ザックリと説明すると、ビットコインとの違いは、低消費電力セキュリティの堅牢性の高さなんだ。

他に、NEMのネットワークを積極的に使う人が利益を得られる仕組みになってる。

評価額は仮想通貨の中では2017年8月現在で10位だよ。

“サル君”

よく分からんな。アンタほんとに理解しているのか?

“sim”

僕もよく分からんよ!

“サル君”

相変わらずテキトーだな…

NEMを買った理由

“サル君”

じゃあ、アンタはなんでNEMを買ったんだ?

“sim”

単純に安かったからだよ。

僕が買った時点で、1XEM=約15円、

2017年8月現在でも、1XEM=約30円だよ。

少額からでも変えるのが魅力なのさ!

《補足説明》NEMの通貨単位はXEM
“サル君”

安いから、ノリで買ったというわけか?

“sim”

そういうことになる。

今、2桁円で買える仮想通貨はリップルとNEMだけだよ。

まあ、実際に身銭を切らないと仮想通貨を理解できないだろうと思ったのもあるよ。

NEMの価格変動

“サル君”

NEMの評価額は順調に上がり続けているのか?

“sim”

いや、他の仮想通貨の例に漏れず、高騰と暴落を繰り返しているよ。

ビットコインと比べると安定感はずっと弱いね。

過去1年間のNEMの価格変動

“sim”

下の図はNEMの過去1年間の価格変動だけど、5月に急騰後は大暴落と急騰を繰り返しているね。

僕が買ったのは矢印が付いている15円くらいのときだったから、含み損を抱えていた時期はほとんどなかったよ。

過去1ヶ月のNEMの価格変動

“sim”

こちらの図は、過去1ヶ月間のNEMの価格変動だよ。

COMSAのZaifトークンの影響もあってか、急騰して1XEM=25円以上で推移しているね。

利確はしないのか?

“サル君”

NEM投資で儲かっているなら、利確はしないのか?

今、利確すれば3万くらいプラスなんだろ。

“sim”

もともと長期投資のつもりだったから、すぐに利確をするつもりはないよ。

最低でも2〜3年は寝かせておくよ。

数年後に3万円が、10倍、100倍、1000倍になったりしたら面白いじゃん!

“サル君”

そんなことありえるのか?

“sim”

ないとは言い切れないよ。

現に、今年4〜5月の間だけで数十倍に評価額が上がってるからね。

いや〜、ホントその時に買ってればよかったよ!

NEMの買い増しは?

“サル君”

NEMの買い増しはしないのか?

“sim”

価格自体はまだ1XEM=30円で買えるし、価格上昇の期待値も高いからすぐにでも買い増しするのが正解だと思うよ。

でも、僕の場合、仮想通貨に投入する予算が決っているので、今の値段では買い増しはないかな。

“サル君”

じゃあ、いくらになったら買い増しするんだ?

“sim”

そうだな、すくなくとも10円台まで落ちないと買う気はしないかな。

NEMはどこで買えるのか?

“サル君”

ところで、NEMはどこで買えるんだ?

“sim”

とりあえず、簡単に買いたいなら、coincheckを薦めるよ。

僕もcoincheckで買ったんだ。

手続きがすこし面倒になるけど、少しでも安く買いたい人や、積立投資をしたい人はZaifがオススメだよ。

まあ、仮想通貨の買い方などは、下の記事にまとめてあるから参考にしてね。

まとめ

“サル君”

じゃあ、まとめ行ってみようか!

“sim”

NEMはとにかく安く買えるというのが魅力だよ。

なんせ、1XEM=約30円だからね!

将来性のある仮想通貨だと思っているので、もう少し勉強して納得がいったら買い増しするつもりだよ。

一括で簡単に買うなら、取引所はcoincheck

積立投資するならZaif一択だね。

では

ABOUTこの記事をかいた人

sim(清水了)

動物写真家、ブロガーとして活動中。
属性は他に、博士(農学)、DTMer,ツーリングライダー歴30年。
【問い合わせ】Twitterアカウント宛にDM
願います。
【注意】野鳥の撮影場所についてのご質問はご遠慮願います。