札幌円山公園/真夏の午後に野鳥とエゾリスが撮影できるか試してみた

アニマルフォトグラファーのsim(@ssiR01)です。

野鳥の姿が少なくなる8月に、札幌屈指の観光&野鳥撮影スポット『円山公園』で鳥やリスを撮れるか実験してみました。

しかも時間帯は観光客でも行きやすい『午後』を狙いましたよ。

最初に結論を書いておくと、こんな感じでした。

“sim”
撮れないことはないんだけどね、やっぱ気配自体が少なかったわ!

だから、あえて観光目的の人にはススメないかな。

撮れたらラッキーくらいの感覚だね。

真夏に野鳥が少なくなるってホント?

“サル君”
真夏に野鳥が少なくなるっていうけど、なんでなの?
“sim”
いろいろ説があるけど、

1つには、7月末ごろから換羽期って、

羽毛が抜け替わる時期に入るので、

目立つ場所に出てこなくなるって言われてるね。

“サル君”
ふ〜ん、そうなんだ!
“sim”
理由はともかくね、

毎朝5時から8時くらいまで撮影に出てるんだけど、

たしかに7月末くらいから、急に鳥の姿が少くなったよ。

野鳥の撮影ゴールデンタイム

“サル君”
野鳥撮影の時間帯って、何時ごろがいいの?
“sim”
午前中だと、10:00くらいまで、

午後だと14:00以降がいいって言われてるね。

でも、人によって言うことはマチマチだけどね。

“サル君”
今回、円山公園は何時ごろを狙っていったわけ?
“sim”
午後の時間帯をねらって出撃したよ。

具体的には14:00〜16:30の間ね。

この時間帯なら、観光客も行きやすいからね。

実際、僕の撮影フィールドで会った円山公園に詳しいお爺さんも

撮影時間帯は人それぞれみたいなことを言ってたから、午後でもイケるって踏んだわけさ。

円山公園で撮れた野鳥

“サル君”
それで、かんじんの野鳥は撮れたのかい?
“sim”
まあ、とれたと言えば撮れたんだけど…

まあ、オシドリとか…

“サル君”
それ、一日中いるやつだろ!
“sim”

まあ、被写体としては悪くないと思うけどね(笑)

一日中いるから、ほぼ確実に撮れるし!

ほかにも、シジュウカラの幼鳥が撮れたよ。

“サル君”
シジュウカラかよ!
“sim”
まあ、野鳥に関しては16:30まで粘ったけど、ホント気配がなかったよ。

今度は午前中の撮影タイムに行ってみたいね。

円山公園のエゾリス

“サル君”
エゾリスはどうだったのさ?
“sim”
エゾリスは撮れた!

あんまり、近くで撮れなかったけどね。

でも、ラッキーだったと思う。

“サル君”
場所はどこで撮れたのさ?
“sim”
北海道神宮の東側の果樹園っぽいところ。

下の図でいうと赤いエリアね。

“sim”
一般的には、黄色のエリアで目撃情報が多いけど、今回はダメだったね。

エゾシマリスも撮影できなかったわ。

まとめ

“サル君”
じゃあ、まとめ行ってみよう!
“sim”
真夏の午後でも、オシドリは確実に撮れるから、カメラはオシドリ専用セッティグで行くことを薦める。

あと、リスも運が良ければ撮れるよ!

“サル君”
身も蓋もないオチだな、それ。
“sim”
まあ、なにも撮れないよりいいじゃん。

では

ABOUTこの記事をかいた人

sim(清水了)

動物写真家、ブロガーとして活動中。 諸々の閉塞感を打破するために、20年以上勤めた会社を40代半ばで辞めてフリーになる。 属性は他に、博士(農学:専門は微生物)、DTMer,ツーリングライダー歴30年。