シジュウカラ幼鳥、コガラ、コゲラ、アカゲラ/札幌真駒内公園・野鳥撮影日記(2017.6.18)

sim(@ssiR01)です。

今日も行ってきました、札幌真駒内公園。

本日はカワセミ探査の予定でしたが、終わってみれば別の鳥を撮っていました。

概況

カワセミ探査のために真駒内川の河川敷から探査をスタートしました。しかし、すぐに双眼鏡がないと話にならないことを悟りましたorz…

視力が弱いことを忘れてました(汗)

当然、カワセミを見つけられませんでしたが、

河川敷+いつもの撮影コースを3時間ほど歩き回ったお陰で、野鳥との遭遇率はまずますでした。

確認できた野生動物

  • シジュウカラの幼鳥(小さな群れ)
  • コガラ
  • ヤマガラ
  • コゲラ(つがい)
  • アカゲラ(3回遭遇)
  • ヒヨドリ
  • オオルリ(声のみ)
  • キビタキ(声のみ)
  • センダイムシクイ(声のみ)

天候

  • 天気:晴れ
  • 気温:13℃

装備

  • 上下アウター:ウィンドブレーカー(ランニング用)
  • 上インナー:ユニクロTシャツ+ユニクロシャツ
  • 下インナー:ヒートテック(そろそろ暑くなってきたので、ランニング用ハーフパンツへ変更の予定)
  • mont-bellラップランドブーツ

モンベル ラップランドブーツ:野鳥撮影には防水ブーツは必須です。

撮影写真

シジュウカラの幼鳥

河川敷の木の中にシジュウカラがいるのを発見するも、動き回るのでファインダーに収めるのには、いつものように苦労します。

それでも数枚は撮影できました。

下の写真はシジュウカラの幼鳥は被写体までの距離が10m程あり、少し遠かったのデジタルテレコンで2倍に拡大して撮影しました。

下のシジュウカラの幼鳥は帰り際に同じ場所で撮ったものです。

しかし、距離が10m以上離れていたので大きくは撮れませんでした。

コゲラ

上のシジュウカラを撮影してたら、コゲラのつがいが近くの木に飛んできました。

運良く1枚だけ全体像を撮らせもらえました。

こちらはアングルがちょっと悪いですけど、大きめに撮れた写真です。露出アンダーなのをPhotoshopで無理やり明るくしたので画質が粗いです。

他はことごとく撮影失敗です(笑)

失敗原因は主に自分の反射神経の悪さですね。

アカゲラ

アカゲラには3回遭遇しました。初回は飛んで移動中だったので写真はありません。

アカゲラ遭遇2回目

公園内のランニングロードをあきらめモードで歩いていたら、「キョッ、キョッ」という聞き覚えのある鳴き声がしたので、声を辿っていくとアカゲラくんがいました。

いたのは、かなり高い木の上の方でしきりに移動していました。しかも枝や葉っぱが邪魔で撮れたのは数枚のみ。

さらに悪い事にカメラをコンティニュアスAFモードにしていたお陰でピントが上手く合いません。

アカゲラ遭遇3回目

帰り際、シジュウカラをあきらめモードで撮っていたときに飛来しました。

距離は10m以上ありましたが、数枚撮影できました。しかし、帰宅後によく見るとピン甘でしたorz…

コガラ

真駒内川沿いのサイクリングロード途中に鳥が良くつく木あるんですが、そこで単独行動のコガラに遭遇です。今までも同じ場所で1〜2回遭遇してます。

今回はいままで一番大きく撮ることができました。羽毛のモフモフ感も表現できましたよ。

まとめ

終わってみれば、いろんな野鳥に遭遇できて良い撮影となりました。

ただし、新しいカメラに体が馴染んでいないお陰で、撮影チャンスのときに瞬時に設定を変えることができないのが反省点ですね。

それと、野鳥発見・観察用の双眼鏡はやはり必要ですね。

カワセミだけじゃなくて、他の野鳥も事前に発見できれば撮影に余裕ができますし。

ということで、双眼鏡を物色しなくていけませんね。

では。

撮影機材(おまけ)

世界最小最軽量の野鳥撮影システムを使っています。

いわゆるオリンパスのマイクロフォーサーズ・ミラーレスカメラです。

ABOUTこの記事をかいた人

sim(清水了)

動物写真家、ブロガーとして活動中。
属性は他に、博士(農学)、DTMer,ツーリングライダー歴30年。
【問い合わせ】Twitterアカウント宛にDM
願います。
【注意】野鳥の撮影場所についてのご質問はご遠慮願います。