仮想通貨の買い方:取引所と買うタイミング

不労所得者を目指しているアニマルフォトグラファーのsim(@ssiR01)です。

みなさん、儲かってますか?

この記事では僕の仮想通貨投資の方法を紹介します。

投資の方法ですが、仮想通貨市場の規模拡大を見越した中長期での資産運用が僕のスタンスです。

“サル君”
仮想通貨投資っていうけど、本質的にはギャンブルみたいなものだろう?
“sim”
うん、でも投資もギャンブルに一種だからね。

リスクは大きいかわりに、当たればリターンは大きいよ。

投資方法としては、僕は相場に張り付くような短期のトレードは苦手だから、中長期で大きく成長しそうな銘柄の仮想通貨しか買ってないよ。

 

長期運用をしている理由

“サル君”
アンタがしている長期運用のメリットって何なんだ?
“sim”
ある程度、放置プレーができるってことかな。

思考停止にならないように気をつける必要はあるけど、相場に振り回されない程度に落ち着いて運用できるのがメリットだね。

仮想通貨は今のところ暴落と高騰を繰り返しながら成長する傾向があります(例:下のグラフはビットコインのチャート)。ですので、長期的な目線で運用をすれば、一時の暴落や高騰に振り回されないで済みます。

 

仮想通貨の投資で失敗しないためのコツ

“サル君”
仮想通貨投資で、注意しておいた方がいいことがあったら教えてくれ。
“sim”
僕が仮想通貨投資で守っていることは次の4つだよ。
  1. 予算をはじめに決めておく(ムリな投資はしない)
  2. 高騰の最中には絶対に買ってはいけない(イナゴになってはいけない)
  3. 暴落のときに底値付近で買う(安値で買うことができれば、暴落でビビることもない)
  4. 短期で売り買いをしない(余計な買い物は避ける)
“sim”
これらは失敗から学んだ経験則でもあるんだ。

たとえば、僕は投資をはじめたばかりのころ、Rippleという仮想通貨を高騰の真っ最中に高値づかみして、その後の大暴落で地獄を見た。プラスに転じるまで半年以上かかった(T_T)

“sim”
だから、下の図のように底値付近で買えれば、マイナスになる確率も低いよ。

 

仮想通貨を買える取引所

僕が日本で利用している取引所は下の3つです。

  1. coincheck簡単に多種類の仮想通貨が買える。貸仮想通貨サービスがある
  2. Zaif:ビットコインとNEMなどが買える。積立投資ができる
  3. bitFlyer最大手の取引所。ビットコインとイーサリアムなどが買える

他のマニアックなコインを買うときはBinanceという取引所を利用していますが、初心者なら国内の取引所だけで十分だと思います。

僕自身も草コイン以外の有名銘柄は、多少手数料がかかってもスピード重視で国内取引所で買ってます。

“sim”
ではもう少し詳しく説明していくよ。

 

簡単に仮想通貨を買うならcoincheck

簡単に仮想通貨を買いたいのなら、「coincheck」一択です。僕も最初はcoinchekで買いましたし、今でも愛用しています。

“sim”
他の取引所は初心者には少し分かりにくいから、はじめて仮想通貨を買うんだったら、迷わずcoincheckを薦めるよ。

coincheckという取引所は、ビットコイン以外の仮想通貨(アルトコイン)もたくさん扱っているのが強みで、僕はここでXRP(リップル)をよく買っています。

コインチェックで買うことのできる仮想通貨

 

ビットコインとNEMの積立投資をするならZaif

Zaif という取引所は、ビットコインとNEMの積立投資ができるのが最大のメリットです。

それ以外は、初心者にとってメリットはないですね。

“サル君”
積立投資って、なんだ?
“sim”
Zaifの積立投資は『ドルコスト平均法』による投資の一種で、ローリスクで長期・継続的な積立でしっかり利益を出す方法だよ。

モチロン、投資なのでリスクゼロではないけどね。

“サル君”
ほかにも積立投資のメリットってあるのか?

ビットコインにかぎらず仮想通貨って、価格変動が激しいから買うタイミングが難しいです。

つまり、底値で買いたくても実際はタイミングがなかなか予測できないのが実情です。

その点、積立だと毎日一定額を自動的に積み立ててくれるから、悩まずに資産運用できます。

僕も月に1万円ずつZaifで積み立てて含み益を出しています。

《Zaifで積立投資をしている理由》
積立投資はbitFlyer(ビットフライヤー)でもできますが、クレジットカードからの引き落としのため手数料が不明瞭。bitFlyerに問い合わせても教えてくれませんでした。だから、積立投資の取引所はZaif を利用しています。

なお、Ziafの積立手数料は月1万円積立の場合で、月々250円。

 

取引所への仮想通貨の貸出で年利5%儲けるならcoincheck

“サル君”
ほかにも仮想通貨で利益を出す方法はあるのか?

『レンディング』、いわゆる貸仮想通貨というサービスがそれに該当します。

これは自分が持ってている仮想通貨を取引所に貸し出して、最大年利5%で運用する方法です。

単純計算で10万円貸し出せば、1年間で利息が5000円つく計算。20万円なら年1万円。

このサービスはcoincheckの『貸仮想通貨』で利用できます。

“サル君”
『貸仮想通貨』をするための条件はあるのか?

大きな条件が2つほどあります。

《貸仮想通貨の条件》

  1. 貸出最低金額は各通貨ごとに最低10万円必要
  2. 貸出期間中はいかなる理由でも引き戻せない

*貸出期間は選べる。

“サル君”
『貸仮想通貨』リスクはどんな感じだ?

貸し仮想通貨のリスクも大きなものが2つほどあります。

  • 取引所の倒産リスク:最悪、ゼロ円になる
  • 仮想通貨の価格変動リスク:貸出中に暴落しても引き出せない

 

仮想通貨の売買手数料に注意

“sim”
仮想通貨を売買するときには必ず手数料(スプレッド)がかかるから、注意しておいた方がいいよ。

手数料は『仮想通貨の種類』や『取引所』や『相場』によっても変化するからね。

以下、僕が取引所(coincheck)に売買手数料について質問して帰ってきた回答だよ。

販売所には売値と買値の差額(スプレッド)がございます。

https://coincheck.com/faq/1535

スプレッドの値に関しては公表しておりませんが、レートや取引量に応じて変化しますので、都度ご確認ください。

“sim”
補足すると、『販売所』は手数料が割高だね。

少しでも安く買いたいなら、『取引所』で売買することを薦めるよ。

ただし、慣れてきてからでいいと思うけどね。

 

仮想通貨投資のリスク

“サル君”
仮想通貨投資のリスクって、どんなのがあるんだ?
“sim”
いちばん怖いのは取引所の破綻ハッキングによる資産消失だね。
“サル君”
有効な対策はあるのか?
“sim”

常識としては、メールアドレスとパスワードは使いまわさないで取引所ごとに違うものを使うこと。

根本的な対策をするなら、買ったビットコインを取引所に預けっぱなしにしないで、マメにハードウェアウォレットに移すことを薦めるよ。

“サル君”
ハードウェアウォレットって、どこで売ってるんだ?
“sim”
ハードウェアウォレットはAmazonでも買えるけど、できればメーカー本家から直接買った方が安心だよ。

例えば、僕が使っているハードウォレットはこんなのね。

LedgerNanoSPINコード

 

仮想通貨と税金

“サル君”
仮想通貨も課税対象なのか?

仮想通貨は、課税対象になります。

国税庁からも、確定申告時の計算方法がアナウンスされているので、読んでおきましょう。

 

さいごに

さいごにまとめると、

僕が仮想通貨投資で守るようしている運用方法は次の4つです。

  1. 予算をはじめに決めておく(ムリな投資はしない)
  2. 高騰の最中には絶対に買ってはいけない
  3. 暴落のときに底値付近で買う
  4. 短期で売り買いをしない

利用している主な取引所はつぎの3つ。

  1. coincheck簡単に多種類の仮想通貨が買える。貸仮想通貨サービスがある
  2. Zaif:ビットコインとNEMなどが買える。積立投資ができる
  3. bitFlyer最大手の取引所。ビットコインとイーサリアムなどが買える

では

ABOUTこの記事をかいた人

シミズサトル

動物写真家、ブロガーとして活動中。 属性は他に、博士(農学)、DTMer,ツーリングライダー歴30年。 【問い合わせ】Twitterアカウント宛にDM 願います。 【注意】野鳥の撮影場所についてのご質問はご遠慮願います。