札幌・真駒内公園で4月に撮影したエゾリス・野鳥・花のまとめ

sim(@ssiR01)です。

真駒内公園に野生動物や植物の撮影に毎朝でかけるのが趣味になってしまいました。

自然探索は素人同然ですが、こんな僕でも野生生物と遭遇できてます。

そこで記録を残す目的もかねて、4月に真駒内公園で出会った動物や植物を紹介します。

画像は僕がインスタグラムやTwitterに投稿したものを中心に紹介しますね。

 

真駒内公園の場所

真駒内公園は札幌市の郊外にある外周のランニングコースが約3.5kmの大きな公園です。

ですが、立地はよく、地下鉄南北線の真駒内駅から徒歩で20分程度の距離です。

ここを自然探索する時の注意点ですが、公園がかなり広いので、夢中になると1〜2時間くらいはすぐに経ってしまうことですね。

 

真駒内公園の野生動物

哺乳類ではエゾリスとモモンガが真駒内公園に住んでいます。

このうちエゾリスとは4月に2回遭遇しました。

このうちの1回は、エゾリスとの距離がわずか3メートルくらいの近距離で、写真も動画もハイクオリティーなものが撮れました。

#エゾリス#札幌#真駒内公園#squirrel #sapporo #hokkaido #japan

Sat Simさん(@sat.simizu)がシェアした投稿 –

そして2回目はエゾリスとの距離が10メートルくらいありましたね。焦点距離が換算420mmの僕の撮影機材では望遠が足りなくて大きな画像や映像はとれてません。

#エゾリス#札幌#真駒内公園#squirrel #sapporo #hokkaido #japan

Sat Simさん(@sat.simizu)がシェアした投稿 –

4月中は撮影に失敗していますが、上に紹介した他に2回エゾリスと遭遇しています。

4月から5月上旬に撮影したエゾリス画像は下の記事にまとめてありますので、ご興味のある方は見てみてください。

・エゾリス参考記事:札幌で野生のエゾリスが撮影できる真駒内公園:地下鉄駅から徒歩20分

なお、エゾリスは昨年もランニング中に頻繁に遭遇していたので、ハードル低いのかもしれませんね。

 

モモンガは夜行性なので僕と活動時間帯が合わず、今のところ会えていません。

モモンガは円山動物園にもいるので、そちらで下調べしてから真駒内公園の野生モモンガに挑戦してみるつもりです。

 

真駒内公園の野鳥

アカゲラ

4月は2回遭遇しました。一度は3メートルくらいの近距離での遭遇で、運良く写真に収めることができました。

#アカゲラ#札幌#真駒内公園

Sat Simさん(@sat.simizu)がシェアした投稿 –

2度目にアカゲラに遭遇したときはもう一回り大きい別の個体でした。10メートルくらい離れていましたが、カメラを向けた途端に逃げられました…

 

ヒヨドリ

ヒヨドリはだいたいいつもいますね。体も大きいので撮影もしやすいです。でも、よく逃げられます。

 

シジュウカラ

シジュウカラもだいたいいつもいます。一箇所にじっとしていないので、シャッターを押す前に逃げられることが多いですね。

 

ゴジュウカラ

大きな木の上に止まっていたので、望遠が足りていません。

マガモ

このマガモのメスは河川敷にいました。真駒内川に着水したのを追いかけて撮影しました。

対岸にいたので、望遠が足りず大きく撮れてませんが、動きが遅いので、写真の他に動画も撮影できました。

 

植物

さくら

真駒内公園の桜は、4月30日に開花を確認しています。今年2017年はゴールデンウィーク中が見頃でしたね。

参考記事:真駒内公園の桜の開花状況:2017年版

 

きたこぶし

多分、園内の樹木では春一番に咲く花です。

 

撮影機材

撮影機材はオリンパスのミラーレスカメラ+望遠レンズです。望遠レンズは動物園撮影用に買ったもので野鳥撮影には焦点距離が足りてません。なので換算600mm超の超望遠レンズの導入を検討中です。

カメラのボディはオリンパス OMD-EM5 MKII

レンズはオリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PROに1.4倍テレコンをつけてます。焦点距離420mmです。

ですが、野鳥はこれだけでは望遠が足りませんので、デジタルテレコンで2倍の換算840mmで撮影することが多いですね。デジタルテレコン使用では当然画質はおちます。

 

まとめ

真駒内公園は自然度の高い大きな公園なので、わりと簡単に野生生物と遭遇できます。

たまに驚くほど近距離まで寄ってきてくれることもありますよ。

僕の撮影技術の未熟さゆえに、多くの被写体を逃しているので、実際にはここに紹介したよりも多くの野鳥と真駒内公園で遭遇しています。

今後、撮影に慣れてきたらもっと多くの野生生物を紹介できると思います。

では

ABOUTこの記事をかいた人

sim(清水了)

動物写真家、ブロガーとして活動中。 諸々の閉塞感を打破するために、20年以上勤めた会社を40代半ばで辞めてフリーになる。 属性は他に、博士(農学:専門は微生物)、DTMer,ツーリングライダー歴30年。