英単語の暗記のコツ【英語教材:百式英単語のレビュー】

リンク広告




ハイパーメディアクリエイターの高城剛さん曰く、

「ビジネスマンに限らず、今後大切なのは「英語」と「コンピューター」だと思います。続いて「国際感覚」と「センス」 ではないでしょうか」。

彼の本に書かれていたこの言葉に激しく影響されて、真剣取り組み始めた英語学習「百式英単語」ですが、3週間目に入って、少しコツがわかってたので書いておきます。

 

百式英単語と英語学習教材とは?

この英語教材、1日100単語の音読を1週間続けるというシンプルな英単語暗記メソッドなのですが、週の前半では、とても眠くなります。

週の後半に入ると頭にかなり単語が入ってくるで、眠気もなくなります。

この3週間で眠気に勝つ方法がなんとなくわかってきたので、忘備録的に書いておきます。

 

英語学習中に眠くならないコツ

勉強中に眠くならない、つまり効率よく百式英単語を学習する方法です。

眠くならないコツ・その1

音読の慣れない週の前半は、ひたすら読むだけに集中することです。

1日20分間と時間が決まっているのですが、この時間内になるべく多く音読を繰り返そうなどと、決して考えないことです。

そして、発音など正確に読むことに集中して、いきなり単語を覚えようなどとは考えないことです。

そう!ただ、ひたすら読むだけ。決して欲張らないことが大切ですよ。

 

眠くならないコツ・その2

そして、2つ目のコツは、呼吸です。

音読する時は次のようなリズム呼吸を入れると、脳が酸素不足にならずに眠気を軽減できるようです。

「英単語」「日本語」→呼吸
「英単語」「日本語」→呼吸…

 

英単語暗記のコツ

暗記は、週の後半に意識するようにする方が効率よく暗記できます。

ぼくは週の後半、木曜日からは日本語部分を隠して音読をして、本当に暗記されているか試しながらやっています。

この時点でも、意外と覚えていて驚きですが、30%くらいは記憶されていません。

この残り30%を週の後半に暗記するように意識しながら音読しています。

 

さいごに

最初に書いたように、英語はとても大事だということは識者だけでなく、高城剛氏のような規格外の人生を送っている人も主張していますね。

僕自身も英語の大切さは身にしみています。

僕のような研究職の間では英語は必須のアイテムだからです。

成果発表の場は国際的な学術誌だし、情報収集もほとんど国際的な学術誌です。どちらも使われている言語は英語です。

僕の仕事は世間的にはレアケースですが、プライベートでも英語が使えればもっと活動の幅が広がることは常々感じています。

情報を集める範囲が国内だけでなく、世界中から可能になるので、情報の正確さと新鮮さが格段に違ってくることは、研究職という仕事を通して痛いほど実感しているので。

では。

 

関連コンテンツ_グーグルアドセンス



ABOUTこの記事をかいた人

sim

動物写真家、ブロガーとして活動中。 属性は他に、博士(農学)、DTMer,ツーリングライダー歴30年。 【問い合わせ】Twitterアカウント宛にDM 願います。 【注意】野鳥の撮影場所についてのご質問はご遠慮願います。