札幌の12月の寒さと雪事情/意外と過ごしやすい

札幌に移住してきて最初の冬を迎えたので、寒さや除雪の状況について書いておきます。

なお、札幌に住むのは初めてではなくて、20年ほど前にも住んでいたことがありました。

その頃と比べると寒さの印象はあまり変わりませんが、除雪状況は格段に良くなっている気がします。

僕は北海道暮らしが長いので、今回は道内の他の市町村との比較が話題の中心になります。

 

寒さと防寒対策

一言でいうと、「暖かい」です。もちろん、北海道内の他と市町村と比べてです。

下に気象庁の2016年のデータから起こしたグラフを載せておきますが、最低気温も概ね日平均気温もマイナス5度以上あり、道民の感覚からすると暖かいです。

なお、昨年度1月のデータを見てみても、そんなに急激に気温が下っていなかったですね。

12月の月平均気温からマイナス4度くらいで収まっていますし、月平均気温もマイナス5度を下回ることはないです。さらに月最高気温はプラス5度近くあります。

ですので、服装は基本12月と同じで、ちょっと寒い日は重ね着で大丈夫そうな予感がしています。

 

外出時の服装

このくらいの気温だと、上着にダウンジャケットを着て、マフラー・手袋で固めれば街歩き程度であれば寒くないです。

ちなみに僕が愛用しているダウンはこちらの記事を参照してください。

【参考記事】モンベル店員が薦める北海道用ダウンジャケット・ パーマフロスト ライトダウンパーカの購入レビュー

真冬用に買ったフリースジャケットを重ね着する必要性は街歩き程度ではまだ感じませんね。吹きっ晒の公園を長時間散歩するときにはインナーにフリースジャケットを着てちょうどいいくらいです。

なので、「今日はちょっと寒いな〜」とか「今日は公園を1〜2時間歩こう」という日にフリースをプラスアルファで重ね着するくらいの感覚です。

【参考記事】北海道冬用アウターのインナーにオススメのモンベルの「クリマエア ジャケット」の購入レビュー

同様に、道内の他の市町村に住んでいた時はヒートテックのタイツは防寒の必需品でしたが、12月の札幌では必要性は感じません。

手袋ですが、僕が使っているものは毛糸の薄手の手袋で夕方の気温が下がる時間帯では少々寒く感じます。真冬になる前にもっと暖かいものを買う予定です。

 

除雪と道路状況

道路の除雪

除雪の状態は、僕が以前に住んでいた頃と比べて格段に良くなっていますね。

中心街はとくに除雪や排雪の状態が良いのですが、僕が住んでいる南区であっても毎朝4時ころに除雪車が走っているので道路は歩きやすいですよ。

歩道もキレイに除雪されています。

冬靴

雪が降っていの最中はブーツタイプの靴が重宝しますが、それ以外の時には滑らない靴であればブーツタイプでなくても特に支障はないです。

とはいっても、僕は紐靴が面倒なので、普段履きにはもっぱら普段履きにはブーツタイプの靴を愛用しています。

流石に地下鉄でこんなにアウトドアな靴を履いている人は珍しいです。札幌市民の皆さんはアーバンでオシャレな靴を履いていますね。僕もそうしています。

【参考記事】雪国の札幌で人気の冬靴モンベル・パウダーブーツ

 

ちなみに札幌市内各所にある公園も歩道はしっかり除雪されていて普通に歩けます。

 

大通り公園

 

中島公園

 

真駒内公園

 

さいごに

今から20年ほど前に住んでいた時には、札幌は道内にしては気温が暖かい街だという印象を持っていて、わりと薄着で冬を過ごしていました。

今回移住してきても、その感覚は変わっていませんでしたね。

札幌市は冬の寒さや積雪といった点からみても、「道内では住みやすい街だ」というのが僕の実感です。

では